2017年03月13日

今井美樹(彼女とTIP ON DUO)

今井美樹


宮崎県児湯郡高鍋町出身の歌手、女優

ジャズ好きの父親の影響を受ける。

実家は電器屋だったが父の趣味でオーディオ専門店となった。

中学時代には松任谷由実に熱中し、ピアノの弾き語りをする。

町立高鍋東小学校、高鍋西中学校を経て宮崎県立高鍋高校に在学。

1981年、横浜で行われたインターハイに100mハードルとリレーメンバーとして出場。

高校を卒業後、スチュワーデスを目指し上京。

1983年、ファッション系女性情報誌『エムシーシスター』でモデルとしてデビュー。

1984年、山田太一脚本のTVドラマ『輝きたいの』の女子レスラー役で女優をスタート。

1986年、映画『犬死にせしもの』(井筒和幸監督)に出演、唯一のヌードシーンがある。

1986年、『黄昏のモノローグ』で歌手デビュー


彼女とTIP ON DUO


かのじょとティップ・オン・デュオは、1988年8月17日発売の今井美樹の4枚目のシングル

作詞:秋元康、作曲:上田知華

資生堂’88秋のキャンペーンソング(CMに今井本人が出演)

「ザ・ベストテン」では1988年10月6日、第8位で自身同番組初登場となった。

wikipedia

今井美樹は、この曲の大ヒットで歌手として成功しました。資生堂のCM動画ありましたので掲載しました。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


彼女とTip on duo [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング




posted by aritama at 15:14| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2017年03月08日

増田けい子(すずめ)

増田けい子


静岡県静岡市葵区出身の歌手、女優、タレント

アイドル・デュオ「ピンク・レディー」のケイとしても活躍。

1972年、ミーと出会う。

1973年ミーとともにヤマハのオーディションで「ジョニィへの伝言」「恋の衝撃」を歌って優勝。

1974年、浜松のヤマハボーカルスクールへミーと通い始める。

ミーとデュオを組み「クッキー」の名でヤマハポピュラーソングコンテストに出場。

1976年にピンク・レディーの“ケイ”としてデビュー。

数々の大ヒットを記録。

パートナーのミーと共に一世を風靡した。

1981年3月31日のピンク・レディー解散後はソロ歌手となった。


すずめ


1981年11月に発売された増田けい子のソロデビューシングルである。

作詞・作曲:中島みゆき

ピンク・レディー時代に歌番組で共演した桜田淳子が中島の作詞・作曲した「しあわせ芝居」を歌っているのを増田が聞き、「いずれはあんな大人の歌を歌いたい」と思い依頼した。

増田けい子自身、ソロ歌手としては同曲が最大のヒット・ソングとなった。

「ザ・ベストテン」へは翌1982年1月21日に「今週のスポットライト」で出演、その後同番組では最高9位にランクされた。

中島は1985年のセルフカバーアルバム『御色なおし』でセルフカバーした。

wikipedia

ピンク・レディー時代のファンは男性が多かったが、ソロになってこの曲がヒットし、女性ファンが7割になったそうです。

この曲では、増田けい子ですが、現在は増田恵子と漢字に変わっています。

動画は、ザ・ベストテン出演のものですが、やっぱり可愛いですね!





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


すずめ [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
レコードランキング


posted by aritama at 14:14| Comment(0) | 1981年のヒット曲

2017年03月04日

高橋真梨子(for you…)

高橋真梨子


広島県廿日市町(現:廿日市市)生まれ、福岡県福岡市育ち歌手、作詞家

1972年に「ペドロ&カプリシャス」のペドロ梅村にスカウトされる。

同年に「別れの朝」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・前野曜子に次ぐ、二代目ボーカルとして参加。

翌1973年には「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」などがロングヒット。

翌1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」では「ジョニィへの伝言」で初出場を果たした。

1978年に「ペドロ&カプリシャス」を脱退、「橋真梨子」としてソロ歌手として活動を始める。

同年11月、「あなたの空を翔びたい」でデビュー。

その後「実力派女性歌手」としての地位を確立した。


for you…


1982年3月5日に発売された高橋真梨子の8枚目のシングル

作詞:大津あきら 作曲:鈴木キサブロー

「第11回東京音楽祭」にて金賞を獲得、のち多数のアーティストにカバーされる名曲となった。

高橋のライブコンサートなどでは欠かせない曲の一つとなっている。

wikipedia

高橋真梨子の曲で、この曲が一番好きな曲です。大ヒットした曲ではないと思いますが、多くの人がこの曲は良い曲だと思っているでしょう。

名曲ですので、多くの歌手がカバーしています。女性の歌ですが、男性歌手がカバーしているのも、この曲が素晴らしい曲であるということだと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


for you・・・ (MEG-CD)

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング




posted by aritama at 14:02| Comment(0) | 1982年のヒット曲