2017年05月13日

川崎麻世(レッツゴーダンシング)

川崎麻世


京都市北区上賀茂生まれ、大阪府枚方市育ちのタレント・俳優・歌手

1歳の時、両親が離婚。一人っ子。母に連れられ、祖父母と共に枚方で生活。

12歳だった1975年、『プリン&キャッシーのテレビ!テレビ』内の素人参加コーナー『パクパクコンテスト』で、西城秀樹の振り真似でグランドチャンピオンになる。

その姿を目にしたジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川によって、1976年の夏休みにスカウトされて枚方から上京。

その夏休み中に、早くも不二家の「ハートチョコレート」のCMの撮影を行う。

14歳の1977年7月1日に、「ラブ・ショック」でレコードデビュー。

ブロマイドがヒットし人気アイドルとなる。

美少年で鼻が高く、特に脚が長い事で有名だった(現在の身長は181cmであるが、身長177cmの時点で股下が93cmあり、当時の芸能界では一番脚が長いと言われた)

またファンによる親衛隊も数多く作られた。


レッツゴーダンシング


1979年7月21日発売の川崎麻世8枚目のシングルヒット曲

wikipedia

世界中で大ヒットしたレイフ・ギャレットの(ダンスに夢中)を、川崎麻世が(レッツゴーダンシング)のタイトルでカバーしました。

日本でも(ダンスに夢中)は大ヒットし、その影響もあり(レッツゴーダンシング)もヒットしたようです。



レイフ・ギャレットの(ダンスに夢中)はこちら

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ゴールデン☆ベスト 川崎麻世

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 14:24| Comment(0) | 1979年のヒット曲

2017年05月09日

トライアングル(トライアングル・ラブレター)

トライアングル


TRIANGLEは、かつて渡辺プロダクションに所属していた日本の女性アイドルグループである。

1977年、キャンディーズの解散表明後、「キャンディーズの妹分」としてキャンディーズJrという名前で結成されたが、熱狂的なキャンディーズファンの猛反発を受け、トライアングルに改名。

キャンディーズがレギュラー出演していた『8時だョ!全員集合』に、キャンディーズと共に出演するなど、この時期に結成された「女性3人アイドルグループ」の中では、もっともキャンディーズに近い扱いを受けていた。

キャンディーズが解散した1978年4月、「トライアングル・ラブレター」でデビュー、スマッシュ・ヒットとなったものの、オリコンチャートの30位以内に入ったシングルはこの1枚にとどまり、その後は徐々に活動も尻すぼみとなって行った。

1981年解散。


トライアングル・ラブレター


1978年4月21日発売のシングルヒット曲

作詞:島武実/作曲:穂口雄右

wikipedia

「キャンディーズの妹分」というだけあってキャンディーズに似ていますね!

作曲もキャンディーズに曲を提供していた穂口雄右氏ですので、この曲もキャンディーズの曲に似た感じがします。

衣装もキャンディーズっぽいです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




トライアングル・ラブレター (MEG-CD)

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 15:35| Comment(0) | 1978年のヒット曲

2017年04月17日

加藤登紀子(この空を飛べたら)

加藤登紀子


旧満州ハルビン生まれ、京都育ちのシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優

1965年 東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。

1966年 「誰も誰も知らない」でデビュー。

「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞受賞。

1969年 「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。

1983年の映画『居酒屋兆治』で高倉健の妻役、1986年のテレビドラマ『深夜にようこそ』では千葉真一の妻役で共演した。

1984年「難破船」(中森明菜)1987年「わが人生に悔いなし」(石原裕次郎)といった提供曲も、好セールスを記録。

「おときさん」の愛称で親しまれている。


この空を飛べたら


1978年3月10日に加藤登紀子がリリースしたシングル

作詞・作曲:中島みゆき

ドラマシリーズ『球形の荒野』の主題歌。 累計売上は35万枚。

加藤がテレビで「世界歌謡祭」のグランプリを受賞した中島を見て、同コンテストを主催したヤマハ音楽振興会に電話を入れて中島に会わせてもらい、曲を依頼したという。

同年12月31日に、作詞者の中島が、この歌で、第20回日本レコード大賞西條八十賞を受賞する。

1979年11月21日リリースの、中島のアルバム『おかえりなさい』で、中島本人の歌唱が、6番目に収録されている。

なお、加藤の歌と中島の歌には、2コーラス目の歌詞に若干の差異がある。

wikipedia

やはり中島みゆきの曲はいいですね!加藤登紀子にぴったりの曲です。この曲がヒットしたのを覚えています。

加藤登紀子もシンガーソングライターなのに、中島みゆきに曲を依頼するというのは、よっぽど中島みゆきの曲に惹かれたのでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




この空を飛べたら[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 15:55| Comment(0) | 1978年のヒット曲