2018年10月28日

鮎川麻弥(風のノー・リプライ)

鮎川麻弥(風のノー・リプライ).jpg


鮎川麻弥


東京都新宿区出身のシンガーソングライター

三歳より音楽の英才教育を受け、母の薦めで声楽を学んでいたが、高校時代にロックやポップスに触れて転向。

ガールズロックバンドを結成してボーカルを担当していた。

17歳の時、アイドル発掘番組「君こそスターだ」のオーディションで決勝大会に出場するもシンガーソングライターをめざす為に辞退。

短大時代は日大芸術学部の仲間等とバンド活動をし、卒業後は広告代理店で事務のアルバイトをしながらソロ活動を始める。

新宿のライブハウス「ルイード」に定期的に出演。

かたわら、劇団四季「Cat's」初の一般オーディションに合格。

「シラバブ役」のアンダースタディーとなるも、1984年7月にキングレコードよりソロ歌手としてデビュー。

芸名の「麻」の字は「麻のような自然体」を目指して付けたという。

なお、本名にも付いている「弥」の字は3月(弥生)生まれであることに由来している。


風のノー・リプライ


1984年7月25日にキングレコードから発売された鮎川麻弥のデビューシングル。

作詞:売野雅勇 作曲:筒美京平

アニメ『重戦機エルガイム』後期(第26話 - 第54話)オープニングテーマ曲

週間17位

wikipedia

鮎川麻弥は、いろいろな才能があるんですね!wikiを読むと自動車レーサーでもあり優勝したこともあるそうです。 華道草月流師範とも書いてありました。

CMソングや他の歌手へ曲を提供して活躍しているそうです。




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

posted by aritama at 13:11| Comment(0) | 1984年のヒット曲

2018年10月22日

森口博子(水の星へ愛をこめて)

森口博子(水の星へ愛をこめて).jpg


森口博子


福岡市出身の歌手、タレント、80年代アイドル

幼少時代から芸能界に憧れ、多くの歌合戦に積極的に出場。

10代になるとスクールメイツに所属してレッスンを積む傍ら、音楽番組でバックダンサーをしていた。

アイドル歌手を目指して数多くのオーディションを受けるが落選続きだった。

『勝ち抜き歌謡天国』で準優勝したことがデビューに繋がった。

高校卒業を前にして所属事務所からリストラ宣告され、福岡に帰されそうになるが、泣きながら「なんでもやりますから帰さないで」と懇願。

事務所からもらった最初の仕事は、バラエティ番組の企画で「雄ロバを口説いてきなさい」というとんでもないもので「何をやっているんだろうと思ったけど、ここでやらないと全国の人に顔を覚えてもらえない」とバラエティの仕事を「一生懸命」やった結果、その後は、歌手としての活動よりもクイズ番組やバラエティ番組の出演が多くなり、トーク中心のキャラクターを磨いていく。

フジテレビ『ものまね王座決定戦』で工藤静香のものまねを披露して優勝。

抜群のノリとその明るさで、当時既にバラドルとして活躍していた山瀬まみや井森美幸らと名を連ねる。

また、自慢の美肌やスタイルをアピールした写真集も発売された。


水の星へ愛をこめて


1985年森口博子の初のスタジオ・アルバムで、アニメ『機動戦士Ζガンダム』のオープニングテーマ曲でありデビュー曲である。

作詞:売野雅勇 作曲:ニール・セダカ

オリコン16位

wikipedia

ニール・セダカが作曲だとは知りませんでした。機動戦士Ζガンダムのオープニング曲「Ζ・刻をこえて」エンディング曲「星空のBelieve」もニール・セダカが作曲したそうです。ニール・セダカは良い曲を作りますので、この曲もいい曲ですね

森口博子は、歌手というよりタレントのイメージが強いですが、ものまねで優勝するぐらいですので、歌も上手ですね

デビュー当時の動画のようで可愛らしいです。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします








にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 13:23| Comment(0) | 1985年のヒット曲