2016年08月07日

吉川晃司(モニカ)

吉川晃司


広島県安芸郡府中町出身のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。

佐野元春のコンサートを見て、カルチャーショックを受ける。

「音楽の世界でビッグスターになる」とその後のサクセスストーリーを考えた吉川は、「まずはスカウトされること」と考えたが、田舎でスカウトされる筈も無く、シビれを切らして渡辺プロダクションに「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」などと自ら手紙を書き送りつけた。

なお、なぜナベプロかといえば「沢田研二、アン・ルイスなどが当時所属していたのがナベプロで、ここがいいな」と言い(吉川本人の回想)、他のプロダクションは知らなかった。

渡辺プロの関係者が、高松の松本明子を見に行った帰りに、本当に会いに来てくれて、その後の数度のオーディションを経てナベプロ入り。

渡辺プロは吉川を「10年に1度の逸材」とみなし、凋落していたナベプロの起死回生のため、社長自らが音頭をとってデビューのためのプロジェクトチームを編成するほどの力の入れようだった。

1984年2月1日シングル「モニカ」でデビュー。


モニカ


作詞:三浦徳子 作曲:NOBODY

吉川自身の初主演映画である『すかんぴんウォーク』(1984年)の主題歌

オリコン週間4位

第26回日本レコード大賞・新人賞

この曲で当時の歌番組に多数出演し、曲中にバック転や足を垂直に上げる動作などのパフォーマンスを行っていた。

wikipedia

今日TVをつけたらオリンピックで水球をやってました。そしたら吉川晃司は高校時代水球の選手で、世界ジュニア水球選手権大会の日本代表。また2年連続全日本高校最優秀選手に選ばれたほどの逸材とのことです。

すごいですね!水球で鍛えた体は、逆三角形でいい体をしているそうです。運動神経も抜群で、この動画では片手でバク転してます!!



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


パラシュートが落ちた夏

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 15:06| Comment(0) | 吉川晃司