2016年07月13日

フォーリーブス(ブルドッグ)

フォーリーブス


1967年4月1日、ジャニーズの「太陽のあいつ」という曲のバックダンサーとしてグループを結成。メンバーは、元々ジャニーズの付き人だった北公次、3歳から子役で活躍していた江木俊夫、劇団若草出身でファッションモデルをしていたおりも政夫、同じく劇団若草出身の永田英二の4人だった。

同年6月、大阪フェスティバルホールにてジャニーズが主演のミュージカル『いつかどこかで〜フォーリーブス物語』に出演。しかしまだグループ名は無く、「ジャニーズJr.」としての出演だった。

同年8月、第33回日劇ウエスタンカーニバルに初出演。この時、初めてグループ名が正式に『フォーリーブス』に決まる。

なお、「フォーリーブス=Four Leaves(4枚の葉←leavesはleafの複数形)」の意味が定説だが、本来の名前の由来は、ジャニー喜多川が脚本を書いた上記のミュージカル『いつかどこかで〜フォーリーブス物語』内のグループ名からで、「4つに“別れる、去る、出発する”」という意味の自動詞の「“leave”」である。

同年10月、結成メンバーの永田英二は当時小学6年生だったため脱退し、スクールメイツ出身の青山孝が加入。

同じく同年10月より日本テレビ『プラチナゴールデンショー』にレギュラー出演するようになる。

1968年9月5日、CBS・ソニーレコードの国内契約第1号アーティストとして、シングル「オリビアの調べ」にてレコードデビュー。

1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門の1位になり、衰退期にあったグループサウンズのザ・タイガースなどに代わり、新御三家が台頭するまでの間、トップアイドルとなった。


ブルドッグ


作詞:伊藤アキラ/作曲:都倉俊一

1977年6月21日に発売されたフォーリーブスの35枚目のシングルである。

硬派で攻撃的な歌詞や、ゴムベルト(ゴムモール)を用いた独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼んだ。

wikipedia

フォーリーブスてたくさんシングルを発売していますが、ベスト3に入った曲はないんですね!その当時はものすごい人気アイドルでしたが、もっと大ヒットした曲が多いと思っていました。

フォーリーブスで一番印象に残っているのがブルドッグでした。「にっちもさっちもどうにもブルドッグ」という歌詞、かなりインパクトありますよね



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
ランキング参加中カチッとお願いします


ザ・ベリー・ベスト・オブ・フォーリーブス

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 12:38| Comment(0) | フォーリーブス