2016年07月04日

オフコース(さよなら)

オフコース


神奈川県横浜市の聖光学院高校に在学中だった小田和正、鈴木康博、地主道夫らが結成したフォーク・グループ。

1970年に「群衆の中で」でレコードデビュー、当初はアコースティック・ギターを中心としたフォークソング的な曲を歌っていたが、長年ヒット曲に恵まれなかった。

結成7年目の1976年にギターの松尾一彦、ベースの清水仁、ドラムスの大間ジローが加わり、キーボード、シンセサイザーを含めたバンドサウンドとなる。

結成10年目の「さよなら」の大ヒットで多大なる人気を獲得、それ以降も数多くのヒット曲を生み出し、時代を代表するビッグ・グループになった。

しかし、音楽番組全盛の時代にあって、テレビ出演で人気を高めていった他のグループとは一線を画し、テレビ番組にはほとんど出演せず、レコード制作とコンサートに力を注ぐという独自の姿勢を頑なに貫いた。

1982年の鈴木の脱退により一時活動を休止した後、4人での活動再開以降もヒット曲を連発し、変わらぬ人気を博する。その後5年近く4人で活動を続け、結成から19年目の1989年に解散。


さよなら


作詞 • 作曲 : 小田和正

1979年12月1日に発売されたオフコース通算17枚目のシングル。

このシングル発売後から、オフコースはニューミュージックの代表的グループとして認知されることになる。

オリコン1980年2月度月間3位

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
ランキング参加中カチッと


さよなら [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング参加中





posted by aritama at 14:58| Comment(0) | オフコース