2016年06月10日

TUBE(シーズン・イン・ザ・サン)

TUBE


1985年6月1日にデビューしたロックバンド。

一般的にはサザンオールスターズやオメガトライブと並んで「夏バンド」のイメージが強いが、デビュー当時はチェッカーズやSALLYといったアイドルバンドに対抗して、CBSソニーとビーイングが組んで長戸大幸プロデュースでデビューした。

ビーイング系としては珍しくテレビなどへの露出が多く、プロフィールも公表している他、バラエティ色の濃い番組への出演もある。

バンド名はサーフィン用語の「チューブライディング」に由来する。

アマチュア時代は「パイプライン」というバンド名で活動し、デビューした1985年はバンド名を「The TUBE」としていたが、北海道文化放送の「Sound club 1700」に出演した際、姓名判断師(木村天山)に「画数が悪い、名前の"The"を取ればバンドは良い方向へ向かう」と言われ、翌1986年、3rdシングル「シーズン・イン・ザ・サン」発売前に、正式に「TUBE」と改名。


シーズン・イン・ザ・サン


作詞:亜蘭知子/作曲:織田哲郎

前作の「センチメンタルに首ったけ」が全くヒットしなかったため、「この曲で売れなかったらもうダメ(クビ)だよ」と、言われた中での発売であったが、歌番組『ザ・ベストテン』などで1位にランクインし、全国にTUBEの知名度を上げる、いわゆる出世作となった。

オリコン週間6位

wikipediaより抜粋



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


シーズン・イン・ザ・サン

にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 17:07| Comment(0) | TUBE