2017年09月11日

シャネルズ(街角トワイライト)

街角トワイライト


1981年2月1日に発売されたシャネルズ(後のラッツ&スター)の3枚目のシングル

作詞:湯川れい子、作曲:井上忠夫

前作「トゥナイト」から約半年ぶりのリリースとなった、謹慎明けから活動復帰後初のシングル。

シングルチャートで見事1位に輝いた。

アルバム『Heart&Soul』にも収録されている。

冒頭のアカペラ部分は当初予定にはなかったが、鈴木雅之の発案によりレコーディング中に急遽挿入されている。

wikipedia

この曲も売れましたね、大ヒットしたのを憶えています。謹慎明けて書いてありましたが、問題を起こしたようですが、その当時はすごいニュースだったのでしょう。

この曲が収録されているアルバム『Heart&Soul』はセカンドアルバムですが、鈴木雅之が7曲も作曲していました。そして驚いたことに田代マサシが5曲作詞しています。田代マサシに作詞の才能があったとは知りませんでした。このアルバム全曲聴いてみた気がしました。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




Heart&Soul

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 12:42| Comment(0) | シャネルズ

2016年03月25日

シャネルズ(ランナウェイ)

シャネルズ


1975年9月、鈴木が高校時代の仲間の田代、中学の時に同級生だった佐藤・久保木らとともにシャネルズを結成。この他に結成当初から在籍していたのは新保と高橋で、主に大森近辺出身のメンバーが集まり、自分達の仕事と並行して演奏活動をスタートさせた。

バンド名は、憧れのグループであったアメリカのオールディーズバンド「シャ・ナ・ナ(Sha na na)」とドゥーワップグループ「ザ・チャンネルズ(The Channels)」からとって名付けたもので、バンド名の通り当初は「シャ・ナ・ナ」のコピーバンドとして主に活動しており、顔も黒く塗っておらず衣装もTシャツにスカジャンというスタイルであった。

1976年にはTBSのテレビ番組『ぎんざNOW!』に出演。その後一部メンバーの脱退が続いたが、その入れ替わりに鈴木の幼なじみである桑野と、中学時代は高橋と同級生だった須川が加入する。

田代が深夜にテレビで放送されていた東宝映画『三匹の狸』を観ている時に小沢昭一が演じていた黒塗りパンチパーマの詐欺師にヒントを得て、黒塗りの顔でステージに立ってみることを発案する。

話し合った結果、目立つようにメインボーカルの4人だけが顔を黒く塗ることに決め、衣装も黒い顔に似合うものを探して、キャバレーの呼び込みが着ていた制服であるど派手なタキシードを安く仕入れた。

そして、鈴木の父が持っていた黒人音楽のレコードやジャケットを見て、衣装に合う振り付けを考え出した。


ランナウェイ


1980年2月25日に発売されたシャネルズ(後のラッツ&スター)のデビューシングル。

作詞:湯川れい子、作曲・編曲:井上忠夫

人気アマチュアグループだったシャネルズはいくつかのCMソングを担当しており、この「ランナウェイ」もパイオニアのラジカセ『ランナウェイ』のCMソングとして当初は1コーラス分のみレコーディングされたが、その後レコード化されることが決まったため、通常シングル曲として制作されたものである。

デビュー曲にして、110万枚(オリコン集計では約98万枚)を売り上げる大ヒットとなった。

wikipedia

シャネルズを初めてTVで見たときは本当にびっくりしましたね!顔を黒く塗り黒人として登場したのですから驚きでした。

でもあの当時はすごい人気でしたね




Mr.ブラック


posted by aritama at 14:38| Comment(2) | シャネルズ