2017年01月10日

UNICORN(大迷惑)

UNICORN(大迷惑).jpg


UNICORN


ユニコーンは、1986年に結成したロックバンド

1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。

手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。

2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。

12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。

1987年10月21日、1stアルバム『BOOM』でデビュー。

バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。

「バンドブーム」の中心的グループ でTHE BLUE HEARTS、JUN SKY WALKER(S)と共にバンド御三家とも呼ばれた。

またルックスの良さからチェッカーズ、JUN SKY WALKER(S)と並んで、当時の音楽雑誌で最もグラビアページを組まれるバンドであった。

1993年9月に解散。解散後はソロや新たなバンドでの活動、他のミュージシャンのプロデュース等、各方面で活動していたが、2009年に再始動を発表。


大迷惑


1989年4月29日に発売されたUNICORNの1枚目のシングルである。

バンド初のシングルで、アルバム『服部』の先行シングルとして発売された。

作詞・作曲:奥田民生

歌詞は、結婚後にマイホームを持ったのに、係長からの会社命令で、3年2ヶ月単身赴任させられる男性サラリーマンの悲哀がテーマになっている。

プロモーションビデオでは、メンバーがオーケストラと演奏している。

冒頭にステージと客席のワンショットがあるが、観客のエキストラを雇う費用がなかったため、メンバーとスタッフを私服に着替えさせて客席に座らせたが、それでも客席を埋めるには人数が足らなかった為、1ブロックずつ撮影したものを合成して制作された。

オリコン12位

2009年の再結成時に実施されたアンケートでは「40歳代・30歳代」と「若者」両世代で、1位を獲得するなど、ユニコーンの代表曲としても認知されている。

wikipedia

曲は、マシンガンのようなテンポの速い曲ですが、詞は、ちょっと笑ってしまうような詞ですね。

単身赴任は、寂しくて寂しくて仕方がないと訴えている詞です。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ

posted by aritama at 15:53| Comment(0) | 1989年のヒット曲

2016年12月16日

田村英里子(ロコモーションドリーム)

田村英里子(ロコモーションドリーム).jpg


田村英里子


茨城県出身の女優、歌手

父親の仕事の都合で8歳から13歳までを旧西ドイツ、デュッセルドルフ市で過ごし、現地では日本人学校へ通っていた。

14歳で日本に帰国し、受けたオーディション「決定!全日本歌謡選抜・スターは君だ」で「湾岸太陽族」を歌いグランプリを受賞。

大手プロダクション各社からスカウトされ、サンミュージックプロダクションに所属することを決める。

中学3年の終わりに上京、東映映画『花の降る午後』に古手川祐子と数シーンだが共演しスクリーンデビューを果たす。


ロコモーションドリーム


1989年3月15日、「ロコモーションドリーム」でアイドル歌手としてメジャーデビュー。

オリコン週間チャート9位初登場を記録し、同年デビューの歌手の中でもトップを記録し、ザ・ベストテンやザ・トップテンにも多数出演した。

wikipedia

田村英里子は、可愛いアイドルでした。現在はアメリカで活動しているのでしょうか?米国の女優となっています。アメリカのドラマや映画に多数出演した経歴があります。




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 14:30| Comment(0) | 1989年のヒット曲