2018年01月16日

工藤静香(抱いてくれたらいいのに)

抱いてくれたらいいのに


1988年3月2日に発売された工藤静香通算3枚目のシングル

作詞: 松井五郎 、作曲: 後藤次利

オリコン3位 ザ・ベストテン6位

ファースト・アルバム『ミステリアス』と同時期に録音されており、同アルバムの雑誌インタビュー時に「次のシングルは…」と早々にタイトルを発言していた。

当時まだ17歳であり、懐かしの映像で同曲を歌うシーンを見るとよく「この頃は高校の制服を着てスタジオに通っていました」と言う。

wikipedia

当時まだ17歳で制服を着てスタジオに通っていた少女が、抱いてくれたらいいのになんて歌詞を歌っていいのでしょうか?なんて思いました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




gradation

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


工藤静香 ベストヒット BHST-137
posted by aritama at 16:27| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2017年03月13日

今井美樹(彼女とTIP ON DUO)

今井美樹


宮崎県児湯郡高鍋町出身の歌手、女優

ジャズ好きの父親の影響を受ける。

実家は電器屋だったが父の趣味でオーディオ専門店となった。

中学時代には松任谷由実に熱中し、ピアノの弾き語りをする。

町立高鍋東小学校、高鍋西中学校を経て宮崎県立高鍋高校に在学。

1981年、横浜で行われたインターハイに100mハードルとリレーメンバーとして出場。

高校を卒業後、スチュワーデスを目指し上京。

1983年、ファッション系女性情報誌『エムシーシスター』でモデルとしてデビュー。

1984年、山田太一脚本のTVドラマ『輝きたいの』の女子レスラー役で女優をスタート。

1986年、映画『犬死にせしもの』(井筒和幸監督)に出演、唯一のヌードシーンがある。

1986年、『黄昏のモノローグ』で歌手デビュー


彼女とTIP ON DUO


かのじょとティップ・オン・デュオは、1988年8月17日発売の今井美樹の4枚目のシングル

作詞:秋元康、作曲:上田知華

資生堂’88秋のキャンペーンソング(CMに今井本人が出演)

「ザ・ベストテン」では1988年10月6日、第8位で自身同番組初登場となった。

wikipedia

今井美樹は、この曲の大ヒットで歌手として成功しました。資生堂のCM動画ありましたので掲載しました。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


彼女とTip on duo [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング




posted by aritama at 15:14| Comment(0) | 1988年のヒット曲