2018年11月27日

山瀬まみ(メロンのためいき)

山瀬まみ(メロンのためいき).jpg


山瀬まみ


神奈川県平塚市出身のバラエティーアイドル、歌手、タレント、司会者。

ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを受賞して歌手デビューし、アイドルとして活動。

タレントに転身後バラドルとしてバラエティ番組で活躍、『新婚さんいらっしゃい!』などでMCを務める。

幼少期からアイドルを志し、中学生の頃には既に頻繁に路上(原宿など)でスカウトマンから声を掛けられるようになり、それをことごとく断ることで有名な少女だった。

これは山瀬本人が「どうせ芸能界入りするなら、信頼できる大手事務所と契約する方が良い」と考えていたためだったという。

1983年、中学1年生の時にホリプロタレントスカウトキャラバンに応募したが書類選考で落選。

1985年、2度目の応募で『第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン』に出場、見事優勝した。


メロンのためいき


1986年3月に発売された山瀬まみのデビュー曲

作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂

デビューアルバム『RIBBON』に収録されているヒット曲

当初のキャッチコピーは「国民のおもちゃ新発売」だった。

wikipedia

山瀬まみは、歌手だったんだと思う人も多いかもしれません。この曲は、呉田軽穂(松任谷由実)の作曲ですので、期待されていたと思うのですが、残念ながら歌手としては成功しなかったようです。

アルバムも来生たかおや南佳孝などが参加していますので、山瀬まみへの期待は大きかったと思えます。

山瀬本人は後年になって「アイドルとしては背が高すぎた」と自ら評しているそうです。身長167cmですので、その当時はやはり大きいですよね

時東ぁみがカバーしていました!





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします








にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

posted by aritama at 16:17| Comment(0) | 1986年のヒット曲

2018年09月25日

水越恵子(Too far away)

水越恵子(Too far away).jpg



水越恵子


山梨県南都留郡道志村出身のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。

1男4女の末っ子。3歳で母を亡くし、中学校2年で父とも死別した。小学校4年で自宅が火災で全焼する経験もしている。

山梨県立桂高等学校を卒業後、テレビ局や信用組合で働いていたが、1974年、テレビのオーディション番組『スター誕生!』の決戦大会に出場したのを契機にサンミュージックに誘われ、芸能界入りした。

女性デュオユニット「姫だるま」、田中星児とデュエットした「空よ雲よ小さな風よ」(1977年。この曲をテーマソングとするTBS系「8時の空」に歌のお姉さんとして出演していた)を経て、1978年「しあわせをありがとう」でソロデビュー。


Too far away


トゥー・ファー・アウェイは、1986年水越恵子のアルバム「Too far away」に収録されているヒット曲

作詞・作曲:伊藤薫

1988年に谷村新司が「Far away」として、1991年に堀内孝雄が「さよならだけの人生に」のc/w「Far away」として、2007年に安倍なつみが「Too far away 〜女のこころ〜」(歌詞が一部異なる)とc/w「Too far away」としてカバー。

水越自身も1992年のシングル「幸せになって」、1997年のシングル「You are my life」、2013年のシングル「僕の気持ち」のc/wでカバーし、1997年には谷村とデュエットしている。

wikipedia

この曲は、1986年にシングルとして発売されていますが、もともとは1979年のアルバム「Aquarius」に収録された曲です。

どうもシングルはそれほどヒットしたわけではないようですが、谷村新司が「Far away」としてカバーしたことで、この曲の良さが見直されたようです。

いい曲ですよね!堀内孝雄、安倍なつみのカバーもいいですね

作曲者の伊藤薫も「君への道」というタイトルでセルフカバーしています。





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


水越恵子&谷村新司




伊藤薫


堀内孝雄


安倍なつみ


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 16:19| Comment(0) | 1986年のヒット曲