2018年11月13日

河合その子(涙の茉莉花LOVE)

河合その子(涙の茉莉花LOVE).jpg


河合その子


愛知県知多郡横須賀町(現 東海市)出身の元歌手、80年代アイドル

女性アイドルグループおニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は12番

1983年CBSソニー主催のオーディション「ティーンズ・ポップ・コンテスト」で準優勝となり、ソニーに所属し芸能界入りのきっかけを作る。

このコンテストは楽器演奏を条件としていて、川島みき(後の川島だりあ)や宮原学なども参加していた。

第2回の優勝者が谷村有美ということからも、アイドル系のオーディションとはやや趣向が異なっていた。

しかしその後はレコード会社対抗の運動会にソニー代表で呼ばれた以外は何の音沙汰もなく、日本福祉大学付属高等学校を卒業後、コンピューター系専門学校に進学する。

1985年3月、既に就職も内定していたが、4月から始まるフジテレビの新番組『夕やけニャンニャン』のオーディションコーナーに出てほしいとの誘いを受け、「2日くらいで済むだろうから帰りに原宿行ってショッピングでもしよう」と気軽な気持ちで承諾し、4月1日から番組内の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」の第1回目に出場するや、140点という高得点で合格。

この得点は、立見里歌の142点に次ぐ歴代2位の記録であった。同時に合格した内海和子、富川春美と共に、翌週からおニャン子クラブのメンバーとして活動を開始。

7月、ドラマ『スケバン刑事』に悪役としてゲスト出演し、おニャン子クラブのメンバーとしては初のソロ活動を開始した。

9月、CBSソニーから「涙の茉莉花LOVE」で、おニャン子クラブから最初のソロデビューを果たす。


涙の茉莉花LOVE


1985年9月1日発売の河合その子のソロデビューシングル。

作詞: T2 作曲:後藤次利

初チャートイン第5位、翌週のオリコンシングルチャートにて第1位を獲得した。

作詞者の"T2"とは、ディレクター・稲葉竜文と後藤次利の共同ペンネームである。

曲の初めと終わりの部分で、キーボードを自ら弾くパフォーマンスが見られた。

河合その子の1枚目のオリジナルアルバム『その子』に収録されている大ヒット曲

wikipedia

茉莉花は、そのまま読むと(まつりか)になりますが、この曲ではジャスミンと読ませ、(なみだのジャスミン・ラヴ)がタイトルです。茉莉花の品種が「アラビアジャスミン」とのことでした。

河合その子は、おニャン子の中でも人気が高かったようですね、ヒット曲も多いです。

この曲の作曲者、後藤次利と結婚しています。




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 16:44| Comment(0) | 1985年のヒット曲

2018年10月22日

森口博子(水の星へ愛をこめて)

森口博子(水の星へ愛をこめて).jpg


森口博子


福岡市出身の歌手、タレント、80年代アイドル

幼少時代から芸能界に憧れ、多くの歌合戦に積極的に出場。

10代になるとスクールメイツに所属してレッスンを積む傍ら、音楽番組でバックダンサーをしていた。

アイドル歌手を目指して数多くのオーディションを受けるが落選続きだった。

『勝ち抜き歌謡天国』で準優勝したことがデビューに繋がった。

高校卒業を前にして所属事務所からリストラ宣告され、福岡に帰されそうになるが、泣きながら「なんでもやりますから帰さないで」と懇願。

事務所からもらった最初の仕事は、バラエティ番組の企画で「雄ロバを口説いてきなさい」というとんでもないもので「何をやっているんだろうと思ったけど、ここでやらないと全国の人に顔を覚えてもらえない」とバラエティの仕事を「一生懸命」やった結果、その後は、歌手としての活動よりもクイズ番組やバラエティ番組の出演が多くなり、トーク中心のキャラクターを磨いていく。

フジテレビ『ものまね王座決定戦』で工藤静香のものまねを披露して優勝。

抜群のノリとその明るさで、当時既にバラドルとして活躍していた山瀬まみや井森美幸らと名を連ねる。

また、自慢の美肌やスタイルをアピールした写真集も発売された。


水の星へ愛をこめて


1985年森口博子の初のスタジオ・アルバムで、アニメ『機動戦士Ζガンダム』のオープニングテーマ曲でありデビュー曲である。

作詞:売野雅勇 作曲:ニール・セダカ

オリコン16位

wikipedia

ニール・セダカが作曲だとは知りませんでした。機動戦士Ζガンダムのオープニング曲「Ζ・刻をこえて」エンディング曲「星空のBelieve」もニール・セダカが作曲したそうです。ニール・セダカは良い曲を作りますので、この曲もいい曲ですね

森口博子は、歌手というよりタレントのイメージが強いですが、ものまねで優勝するぐらいですので、歌も上手ですね

デビュー当時の動画のようで可愛らしいです。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします








にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 13:23| Comment(0) | 1985年のヒット曲