2016年08月12日

山本達彦(ロンリー・ジャーニー)

山本達彦


東京都新宿区出身のシンガーソングライター。

成蹊大学時代、「オレンジ」というバンドを結成。日本テレビのアマチュアバンド・コンテスト番組「キンキン&ムッシュのザ・チャレンジ」で優勝し、ロンドンでレコーディングしたシングル「翼のない天使」でデビューを飾るも、「オレンジ」としての活動はうまくいかず、かまやつひろしのバックバンドとしてツアーに同行(キーボードとコーラス担当)。THE ALFEEと共に参加していた時期がある。

1976年、「オレンジ」解散。大学卒業後、ソロのシンガーソングライターとしての活動を本格的に始める。

1978年、「突風〜SUDDEN WIND」でデビュー。

デビュー当時は「シティ・ポップ界の貴公子」と呼ばれていた。

都会的な洗練された曲作りに加え甘い風貌・歌声で早くから固定ファンは獲得していたが大ヒットには恵まれず、1983年にJAL沖縄キャンペーンCMソング「MY MARINE MARILYN」によってようやく注目される。


ロンリー・ジャーニー


1984年アルバム「MUSIC」に収録されているヒット曲

ダンロップタイヤ"ル・マンJ2"イメージソング

wikipedia

皆さん山本達彦知ってますか?山下達郎じゃないですよ

山本達彦はベストテンに入った大ヒット曲はないんですが、ハンサム(今風イケメン)で良い曲多いんですよ。私も大好きで、「マティーニ・アワー」と「ポーカーフェイス」をカセットに録音してました。

大ヒットがないので動画も少なく、ロンリー・ジャーニーがあったので掲載しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


MUSIC(紙ジャケット仕様)

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 13:51| Comment(0) | 1984年のヒット曲

2009年02月27日

小林麻美(雨音はショパンの調べ)

小林麻美


東京都大田区生まれの元歌手・女優・モデル。現在は芸能界を引退している。

長い髪、陰のある表情、背が高く病的に細い身体、柳腰、寡黙などが特徴的で、都会的でアンニュイな雰囲気で人気を得た。

1980年代前半に映画やテレビドラマに出演し、結婚後に芸能活動から完全に引退した。

DVDなどで確認できるのは、松田優作に懇願されて出演した映画『野獣死すべし』と、唯一の主演映画『真夜中の招待状』に限られる。


雨音はショパンの調べ


雨音はショパンの調べ」には英語詞の原曲があり、いわゆるカヴァーソングである。

その原曲は、作詞・作曲・歌唱ともどもガゼボ(男性)によるもので、タイトルは「I Like Chopin」。

日本語版タイトルにもあるとおり、フレデリック・ショパンをテーマにした曲である。

ユーミンこと松任谷由実が日本語詞をつけて小林が歌い大ヒット。

オリコン週間ヒットチャートでは第1位を獲得した。

1984年のオリコン年間ヒットチャートでは第12位にランクインした。

小林自身にとっては初の1位獲得であり、ユーミンにとっても「松任谷由実」名義で他人に提供した作品で初の1位獲得となった。

なお、ユーミンがアルバム『Yuming Compositions: FACES』(2003.12.17)でセルフカヴァーをしている。

Wikipedia



ガゼボの「I Like Chopin」はこちら


雨音はショパンの調べ[EPレコード 7inch]
posted by aritama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1984年のヒット曲