2018年06月28日

東京JAP(摩天楼ブルース)

東京JAP(摩天楼ブルース).jpg


東京JAP


ロックンロールミュージカル劇団「ミスタースリムカンパニー」のメンバーで結成される。

1982年、CBSソニーからアルバム「発」とシングル「ギブミー・チョコレート」でデビュー。

1983年、松任谷由実プロデュース演出のアルバム「東京JAP大作戦」発売・コンサートデビュー。

1984年、「摩天楼ブルース」がドラマ『少女に何が起ったか』の主題歌としてヒットする。


摩天楼ブルース


1984年10月21日に発売された東京JAPの5枚目のシングル。

作詞:売野雅勇、作曲:筒美京平

オリコン集計によると、10.1万枚の売り上げを記録した。

オリコン18位

wikipedia

東京JAPのドラムスは、赤坂泰彦でその当時は、ヤス赤坂という芸名だったようです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 11:29| Comment(0) | 1984年のヒット曲

2018年06月02日

少女隊(FOREVER〜ギンガムチェックstory〜)

少女隊(FOREVER〜ギンガムチェックstory〜).jpg


少女隊


1983年にオーディションでミホ、レイコ、チーコの3人が選ばれ、結成された。

翌年の1984年8月28日にシングル『FOREVER〜ギンガムチェックstory〜』、アルバム『少女隊Phoon』、12インチシングル『ESCAPE』、ビデオ『少女隊Phoon』を同時にリリースしてデビューする。

キャッチコピーは「胸騒ぎ、ザワ、ザワ、ザワ」。

デビュー1周年の1985年8月、メンバーの一人であるチーコが椎間板ヘルニアにより脱退し、新メンバー・トモが加入した。

デビューアルバム『少女隊Phoon』は山口百恵、ピンク・レディを手がけた都倉俊一がプロデュースを担当、アメリカの一流ミュージシャンが参加してロサンゼルスのスタジオでレコーディングしたもので、オール・アメリカロケのビデオ、写真集を同時に発売するなど、既存のアイドルとは一線を画した企画だった。

しかし、テレビに露出しないという戦略が時期尚早だったのか、ブレイクまでには至らなかった。

1985年から秋元康と手を組んでプロモーションの方向を大幅に変更。

3枚目のシングル『素直になってダーリン』で『ザ・トップテン』に初ランクイン、TBSのドラマ『夏・体験物語』の挿入曲「Bye-Byeガール」で『ザ・ベストテン』にランクインするなど徐々に人気が上昇。


FOREVER〜ギンガムチェックstory〜


1984年8月28日リリースの女性アイドルグループ少女隊のデビューシングル。

作詞:亜伊林 作曲:都倉俊一

デビューアルバム「少女隊PHOON」、12インチシングル「ESCAPE」等と同時発売された。

12インチシングル「ESCAPE」には「FOREVER〜ギンガムチェックstory〜」のリミックスヴァージョン「FOREVER」が収録されている。

wikipedia

新メンバーのトモは、引田智子で初代引田天功の娘だそうです。

オール・アメリカロケのビデオとのことで、二番目の動画がそのビデオのようです。

少女隊に多額投資した影響もあり所属事務所は倒産したそうです。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
posted by aritama at 13:46| Comment(0) | 1984年のヒット曲