2018年08月24日

石川優子&チャゲ(ふたりの愛ランド)

石川優子&チャゲ(ふたりの愛ランド).jpg


ふたりの愛ランド


1984年4月21日に発売された石川優子とチャゲのコラボレーション・シングル

作詞:チャゲ・松井五郎 / 作曲:チャゲ

当時、チャゲ&飛鳥のシングルA面は、全て飛鳥涼がメインボーカルをとっていたために、チャゲは、シンガーソングライターとして単独でもやっていけるほどの充分な実力を有しながらも、自身がメインボーカルを務める楽曲は常にB面にとどまっており、彼の目立つ機会は皆無といっていい程だった。

ヤマハ音楽振興会としても、チャゲを前面に押し出して売り出す機会を狙っていた。

そんな折に、JALのCMソングとしてヤマハに依頼があり、そこでチャゲの作った「ふたりの愛ランド」に白羽の矢が立ったのであった。

ただ、あまりにもチャゲ&飛鳥とは曲調が異なり、本人もシャレのつもりで書いたものだっただけに、ヤマハの制作プロデューサー・山里剛が、(飛鳥と組むのではなく)前年にJALのキャンペーンソングを担当した石川優子のマネージャーとディレクターに石川と組むことを提案し、それが採用された。

チャゲは当初、この曲は男女のデュエットを想定せずに自分の歌いやすいキーで作曲していたため、その後キーの合わせ方にかなり苦心したという。

累計では45万枚を売り上げた。

オリコン3位の大ヒット曲

wikipedia

歌詞の「夏夏ナツナツココ夏」のココ夏はココナッツだと思っていました。変更したそうです。

歌詞は沖縄をイメージして書かれており、当初は歌詞に「ココナッツ」と入れていたがスタッフの一部から「沖縄にココナッツはどうか」(ココナッツは沖縄にはないため)と言われ、苦肉の策で「ここは夏」の「ココ夏」に変更して逃げ切ったというエピソードがある。

とのことでした。




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 12:41| Comment(0) | 1984年のヒット曲

2018年07月05日

SALLY(バージンブルー)

SALLY(バージンブルー).jpg


SALLY


1981年 - 法政一高在学時に文化祭に出場するためバンド「SALLY(サリィ)」を結成。

初代リーダーはベースの坂巻忠。

1982年 - 高校卒業。法政大学に進学後も、吉祥寺・曼荼羅をはじめ、都内のライヴハウスを中心にバンド活動を継続。

1983年9月 - CBSソニーオーディション東京大会出場(全国大会までは進めず敗退)。

同年11月 - 全国学生対抗ロックコンテストに出場。

正規メンバーの箱崎は当時、法政大学応援団の吹奏楽部に所属しており、本コンテストには出場困難だったため、佐藤公彦が出場した。

その佐藤のみが優秀プレーヤー賞を受賞。

SALLYとしては落選。

のちに司会をしていた山田パンダから直接スカウトの電話があり、メジャーデビューに向けて打診される。

1983年12月 - 吉祥寺・曼荼羅でのライヴに山田パンダと日本フォノグラムのプロデューサー・井岸義典が来訪。

本格的にデビューの話が持ちあがる。

前後して元GARO・大野真澄が山田パンダと来訪。

1984年初頭 - 山田パンダカンパニー設立にあわせ所属契約。

山田パンダのプロデュースを受諾する。

1984年7月1日、フィリップスからシングル『バージンブルー』でデビュー。


バージンブルー


作詞/さがらよしあき、作曲/鈴木キサブロー

杉本哲太が出演したCM、キリンレモン2101とのタイアップ効果もあり、スマッシュヒット。

当初、デビュー曲は「愛しのマリア」になる予定であったが、作曲家の鈴木キサブローが「さらに良いものができた」と持ってきたのがバージンブルーのサビフレーズだった。

そのキャッチーなサビ部分がCM起用に決定したため、急遽その前後のメロディーを制作した。

市松模様の衣装や髪型、バンド構成、曲調等、コンセプトがチェッカーズに似ており、「第二のチェッカーズ」と呼ばれることもしばしばあった。

第26回日本レコード大賞 新人賞受賞曲。

wikipedia

SALLYをデビューさせた山田パンダはかぐや姫のメンバーでした。キリンレモン2101のCM動画ありました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ




posted by aritama at 15:52| Comment(0) | 1984年のヒット曲