2018年04月27日

BORO(ネグレスコ・ホテル)

ネグレスコ・ホテル


1983年1月1日に発売されたBOROの7枚目のシングル

作詞:BORO、作曲:井上大輔

大塚製薬「シンビーノ」CMソング

オリコン最高位は31位

wikipedia

その当時CMでこの曲を聴きましたね、なので31位ではなくもっとヒットしていたような気がしました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします



にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング

posted by aritama at 16:47| Comment(0) | 1983年のヒット曲

2017年11月18日

イエロー・マジック・オーケストラ(君に、胸キュン。)

君に、胸キュン。


1983年3月25日にリリースされたイエロー・マジック・オーケストラの7枚目のシングル。

作詞:松本隆/作曲:細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏

YMOのオリジナルアルバム『浮気なぼくら』の先行シングルとしてリリースしたテクノ歌謡。

YMOのシングルとしては一番売れた楽曲で、表題曲はカネボウ化粧品のCMソングに使用された。

「かわいいおじさんたち」というコンセプトで発表され、今までの無機質なイメージとは全く違う、アイドルのような爽やかないでたちの3人がパフォーマンスを披露した。

立花ハジメが監督したPVでも3人が振り付けをつけて踊っていることも含め、それまでの路線と大きく一線を画した。

作詞は細野晴臣のかつてのバンドはっぴいえんどのメンバーの松本隆が担当。

CMのキャッチ・コピーである「胸キュン」というキーワードをそのまま使用した。

このシングルで、オリコンチャートや『ザ・ベストテン』などの歌番組などでランキング1位の獲得を目指したが、オリコンチャートでは最高位2位、『ザ・ベストテン』では最高位3位という結果であった

テレビCMとこの曲のヒットにより、「胸キュン」という単語が世間一般で使用されるようになった。

wikipedia

この曲のミュージックビデオの動画がありました。テクノ歌謡ということでYMOのイメージとは違い、3人が踊ってます。ちょっと驚きました。3人とも若いな!!

化粧品のCMソングに使用されたため、この曲は大ヒットし、「胸キュン」という言葉もその当時は流行ったのかもしれないです。今は「胸キュン」て使用されているのでしょか?死語かな?





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


君に胸キュン。[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 14:56| Comment(0) | 1983年のヒット曲