2019年06月13日

浜田朱里(想い出のセレナーデ)




浜田朱里


東京都出身の元女優・元アイドル歌手。

1980年6月21日「さよなら好き」でデビュー。

松田聖子とはかつて親友でもあり、1980年デビューの同期生だった。

当時アイドル・女優などで活躍したが、その後、芸能界を引退した。

1980年のデビュー当時、芸能界引退を表明した山口百恵の持つ独特の雰囲気に彼女が似ていたため、周囲のスタッフは「ポスト百恵」を狙っていた。

だが同期に松田聖子、河合奈保子、柏原芳恵、三原順子、岩崎良美、などの強豪がいたため、セールス的には伸び悩んだ。

そのため、トップアイドルではなかったが、一方で復刻版は比較的多くリリースされている。

その後は芸能活動の中心をグラビア・バラエティなどに移すが、後に一時休業状態になる。

芸能界復帰後は主に女優として活動。脇役としてはコンスタントに仕事をこなし、一定の評価を得た。


想い出のセレナーデ


1982年2月25日に発売された浜田朱里の通算7枚目のシングル

作詞:山上路夫/作曲:森田公一

1974年9月1日に発売された天地真理の通算11枚目のシングル(想い出のセレナーデ)のカバー

浜田自身の歴代のシングル曲としては自己最高のセールスとなった。

Wikipedia

天地真理のオリジナルはオリコン4位の大ヒットになっています。

浜田朱里は大ヒット曲には恵まれず、4年間のアイドル歌手として活躍し、その後、渡辺桂子と同じようにグラビアなどで、ヌード写真集の発売もしています。






にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ

懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






天地真理


石川ひとみ



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ





posted by aritama at 15:32| Comment(0) | 1982年のヒット曲

2019年04月16日

北原佐和子(マイ・ボーイフレンド)

北原佐和子(マイ・ボーイフレンド).jpg


北原佐和子


埼玉県入間郡福岡町(現・ふじみ野市)出身の女優、元歌手

元「オスカープロモーション」の美少女モデルであり、読者モデルとして掲載された女性ファッション誌『mcシスター』を見たマネージャーによってスカウトされた。

高校在学中にミス・ヤングジャンプに選ばれグラビアデビュー。

同じ事務所の所属であった真鍋ちえみ、三井比佐子とともに、1981年にアイドルユニット「パンジー」を結成。

自身の18歳の誕生日である1982年3月19日にシングル「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビューすると、1985年にかけてシングル10作品、アルバム6作品をリリースした。

俗に言う「花の82年組」の一人で、当時のキャッチフレーズは「さわやか恋人一年生」

のちに女優に転身。


マイ・ボーイフレンド


1982年3月19日に発売された北原佐和子のデビュー曲

作詞:堀川マリ/作曲:梅垣達志

Wikipedia

デビューわずか1ヶ月当時、CMオファー26社という驚異的な数字を記録。レコードデビュー時にはレコード会社19社がオファーを出し、1億円という高額契約になった。

とのことですが凄いですね!CM動画も掲載しました。

大瀧詠一の「夢で逢えたら」をカバーし1984年1月21日にシングルで発売しています。動画ありました。

北原佐和子は、現在でも女優で活躍しています。また介護士としても働いているそうです。





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ

懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします








夢で逢えたら


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ



posted by aritama at 14:46| Comment(0) | 1982年のヒット曲