2019年04月25日

高中正義(BLUE LAGOON)

高中正義(BLUE LAGOON).jpeg


BLUE LAGOON


ブルーラグーンは、ギタリスト高中正義が1980年にリリースした5枚目のシングルである。

作曲:高中正義

「Blue Lagoon」は5thアルバム『JOLLY JIVE』からのシングルカットで、パイオニア・ステレオCMソング。タイアップで使用されたのは「クリスタルモーニング篇」。

「Blue Lagoon」のタイトルを考案したのは、写真家の浅井慎平で、高中が当時浅井の写真集を好んでおり、アルバム『JOLLY JIVE』のジャケット写真は、浅井の写真集の中から拝借したものだという。

B面「Ready To Fly」は2ndアルバム『TAKANAKA』からのシングルカット。

オリジナルは6分56秒と45回転シングルレコードに収録するには長すぎるため、冒頭のボイスパーカッションと後半のアドリブソロのほとんどをカットして収録された。

2曲ともに高中を最も代表する曲であり、コンサートでは必ず演奏される楽曲である。

Wikipedia

高中正義の代表曲です。この曲で高中正義を有名にしました。やはりパイオニアのCMに使用されたことが大きいと思います。CMは高中正義自身も出演しています。

その当時は、音楽を大きめのステレオで聴くというのが楽しみでした。なのでパイオニアなどの音響メイカーは、売れに売れた時代でした。

B面の「Ready To Fly」もCMに使用されています。こちらも動画掲載しました。CM動画も掲載しました。

高中正義のシングルで一番ヒットしたのは、「渚・モデラート」です。(BLUE LAGOON)はその次ぐらいにヒットしたのではないでしょうか







にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






Ready To Fly


1979-1989 高中正義CM集


にほんブログ村 音楽ブログへ



posted by aritama at 16:26| Comment(0) | 1980年のヒット曲

2018年10月09日

斉藤哲夫(いまのキミはピカピカに光って)

斉藤哲夫(いまのキミはピカピカに光って).jpg


斉藤哲夫


埼玉県鴻巣市出身のフォークシンガー・シンガーソングライター。

アマチュア時代から、あがた森魚、野澤享司、鈴木慶一、はちみつぱいらと親交を深める。

URCから早川義夫プロデュースの「悩み多き者よ」でデビュー。

同曲は2000枚程度プレスされたという。

その後ファーストアルバム『君は英雄なんかじゃない』を発表する。

「悩み多きものよ」、「されど私の人生」が URC 時代の代表的作品。

1973年CBSソニー から『バイバイグッドバイサラバイ』、1974年『グッドタイム・ミュージック』、1975年『僕の古い友達』など3作品をリリース。

野澤享司のことを歌った、“野澤君”などの楽曲がある。

また、その文学性の高い歌詞から若き哲学者、歌う哲学者等の愛称でも呼ばれた。

その後、1980年にキャニオンから2枚のアルバムとミニアルバム『PIKAPIKA』をリリース。

宮崎美子が出演していたミノルタX-7のCMソング「いまのキミはピカピカに光って」が収録されており、この曲はのちにシングルカットされてヒットした。


いまのキミはピカピカに光って


1980年6月21日に斉藤哲夫がリリースしたシングルである。

オリコン最高位9位のヒットとなった。

作詞:糸井重里、作曲:鈴木慶一

1980年に発売されたミノルタの普及型一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMソングである。

また、『The・かぼちゃワイン』のヒロイン・朝丘夏実(通称エル)は、このCMに出演していた宮崎美子がモチーフになったとされている。

CM用に企画された曲のため、当初はサビの部分の一節(いまのキミはピカピカに光って〜)だけだった。

しかしCMに出演していた宮崎が社会現象的な人気を集めたことを受け、それに便乗する形でCMソングに歌詞とメロディーを付け加えてシングルレコード化されたという経緯がある。

EPレコードのジャケットも宮崎の写真が使われている。

作詞がコピーライターの糸井重里であるのも、この曲が元々糸井作の宣伝キャッチコピーを膨らませたものであるため。

作曲はムーンライダーズの鈴木慶一。

基本的に自作曲しか歌わないシンガーソングライターの斉藤哲夫が、他人が作ったCMソングを歌うことになったのは、古くからの友人である鈴木が強く推薦したからだと言われている。

シングル売上は20万枚を超えた。

wikipedia

宮崎美子は、この曲とCMで有名になり大人気アイドルになりました。宮崎が社会現象的な人気を集めたとのことですが、このCMはそれだけインパクトがありました。

あどけない宮崎美子が、木陰でTシャツとGパンをはにかみながら脱いでビキニ姿なるCMは、私もよく覚えています。CMで服を脱ぐというのが、その当時は驚きもありました。

CM動画ありました。懐かしいですね、宮崎美子可愛いです。





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






ミノルタCM


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 15:59| Comment(0) | 1980年のヒット曲