2018年09月12日

宮本典子(ラスト・トレイン)

宮本典子(ラスト・トレイン).jpg



宮本典子


銀座生まれ。生っ粋の江戸っ子である。

パフォーマーとしての本格的なデビューは赤坂にあった伝説のディスコ、「MUGEN」でのこと。

ただし、シンガーとしてではない。当時は「ゴー・ゴー・ガール」と呼ばれたダンサーとして、である。

まだディスコが特権的遊興人達にのみ許された秘境の地だった頃の話だ。
 
シンガーとしての初お披露目もその「MUGEN」でのこと。

そこに数多やって来るファンク・バンドのパフォーマンスを日常的に体感してきた彼女はスリー・チアーズというバンドを結成する。

ヴォーカルにグッチ祐三、ドラムにはウガンダ、7ピースによるこのバンドはグラハム・セントラル・ステーション、ルーファスなどのコピーを中心に日本人による日本唯一のファンク・バンドとして熱狂的なファンを獲得する。

やがて彼女達は「MUGEN」を巣立ち、大手メーカーとのディールまで手中にするが、彼等の方向性とメーカーの思惑とが結局合致せず、空中分解。

宮本典子はソロとしての活路を見出し、鈴木勲とのコラボレートによってジャズ・フュージョン・シンガーとして本格的なデビューを果たす。

上記はmimi FUNKY SITEから転載しました。詳しく書かれていますので、続きをご覧ください。


ラスト・トレイン


1980年宮本典子のアルバム「ラッシュ」に収録されているヒット曲

作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平

東京音楽祭で外国人審査員団賞を受賞した曲


宮本典子は記憶になかったです。日本での大ヒットはなかったようですが、アメリカに渡りmimiという芸名に変わりアメリカで活躍したそうです。日本でもmimiでアルバムを出し成功しているとのことです。

日本人ばなれした声量がアメリカで成功させたようで、ディオンヌ・ワーウィックからサインもせがまれたという逸話もあるそうです。

mimiの動画をいくつか聴いてみましたが、やはり歌上手いですね!70年代から80年代にかけて、こんなにソウルフルな女性歌手がいたとは驚きでした。





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


mimi「Joy Love Happiness」 

posted by aritama at 16:15| Comment(0) | 1980年のヒット曲

2018年06月12日

ジューシィ・フルーツ(ジェニーはご機嫌ななめ)

ジューシィ・フルーツ(ジェニーはご機嫌ななめ).jpg


ジューシィ・フルーツ


Juicy Fruitsは、近田春夫のバックバンドだった「BEEF」が前身。

名前は映画『ファントム・オブ・パラダイス』に登場するロックバンドからの引用である。

デビュー曲で代表曲でもある『ジェニーはご機嫌ななめ』は、テクノ風アレンジと奥野敦子のファルセットボイスによるボーカルで注目された。

1984年解散。

2009年、イリア(ボーカル・リードギター)、トシ(ドラムス・コーラス)を中心にライブ活動を再開。

当初、メンバーは流動的だったが、やがてジェフ(ベース・コーラス)、アキシロ(ギター・コーラス)に固定。

ジューシィ・フルーツのメンバーが半分いることから、バンド名はジューシィ・ハーフとトシが提案、採用される。

ジューシィ・フルーツの楽曲をメンバーが自らカバーするというユニークな存在としてファンの注目を集め、コンサートは毎回満員となっている。

2013年、バンド名をジューシィ・フルーツに変更。

事実上の再結成となった。


ジェニーはご機嫌ななめ


1980年6月1日にリリースされた、ジューシィ・フルーツのデビュー・シングルである。

作詞:沖山優司、作曲:近田春夫

デビューシングルながら、全曲をファルセットによるウィスパー・ボイスで歌い切るという、当時ではほかに類を見ない新鮮な手法が話題を呼び、オリコンチャートでは週間最高で5位、37万枚を売り上げた。

TBSの音楽番組『ザ・ベストテン』にも、第141回に初登場、同曲で4回登場した。

表題曲はスタンダードナンバーとなり、多くカヴァーされた。

wikipedia

1980年ごろはテクノブームでした。ファルセットボイスも斬新なアイデアで大ヒットに繋がりました。多くの歌手がカヴァーしていますが、どうもPerfumeが一番有名のようですので動画掲載しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 16:05| Comment(0) | 1980年のヒット曲