2016年07月28日

桑名正博(セクシャルバイオレットNo.1)

桑名正博


大阪府大阪市天王寺区出身のミュージシャン

1971年に、ファニー・カンパニー結成。翌1972年に「スウィートホーム大阪」でデビュー。

1973年『ファニー・カンパニー』、1974年『ファニー・ファーム』と2枚のアルバムを残し、同年解散。

桑名正博バンド、そして加賀テツヤ、山本翔と結成したユグドラジルの名義でキングレコードからリリースされたオムニバスアルバム『イントロダクション』に参加している。

1975年にソロ活動を開始し、1976年、RCAからアルバム『Who are you?』をリリース。

1977年、当時のRCAの担当ディレクターだった小杉理宇造の紹介で筒美京平と出逢う。

筒美は作詞に松本隆を指名。同年6月には二人の作品『哀愁トゥナイト』が発売される。

その後も『サード・レディー』など松本・筒美コンビのシングルをリリースし続ける。


セクシャルバイオレットNo.1


1979年7月21日に発売された桑名正博の4枚目のシングル。

1979年にカネボウのキャンペーンCMソングとして起用され、作詞・松本隆、作曲・筒美京平のコンビでA・B面共に制作したシングルがヒットを記録した。

このときのカネボウのキャンペーンCMソング歌手の選出は、沢田研二・松山千春が本命といわれていた中、ディレクターの小杉理宇造の働きかけにより、最終的に桑名に決定された。

当時の日本のポピュラー音楽シーンでは、化粧品のCMソングに起用された楽曲はどれもヒットする状況下にあり、本作もそれまで「サード・レディー」のスマッシュヒットに留まっていた桑名を一躍有名にするほどのヒットを記録し、オリコンチャートでも3週に渡り1位を記録した。累計売上は60万枚を超える。

wikipedia

歌詞の中に「色っぽいぜ」とあるのですが、桑名正博もこの曲を色っぽく歌うんです。その当時、この曲をカラオケで歌うと女性が喜ぶんです。私この曲得意でした。

桑名正博というとアン・ルイスの旦那さん、そして離婚、大麻など世間を騒がせましたが、もう亡くなっています。

桑名正博は廻船問屋の息子で、ずいぶんお金持ちの家に生まれたそうで、ミュージシャン後は実家の後を継いで実業家だったそうですね



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




セクシャル・バイオレットNo.1[桑名正博][EP盤]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 13:44| Comment(0) | 1979年のヒット曲

2016年07月21日

水谷豊(カリフォルニア・コネクション)

水谷豊


北海道空知郡芦別町(現:芦別市)出身の俳優、歌手。

13歳のとき演劇に興味を持ち劇団ひまわりへ入団する。フジテレビの『バンパイヤ』のオーディションを受けデビューしたと同時に主役に抜擢される。第一話では原作者・手塚治虫との共演を果たしている。

高校入学後に自分にはもっと合った世界があると思っていたことと、大学受験も考えていたため一度芝居を辞めた。

その後、東京商船大学(現東京海洋大学海洋工学部)受験に失敗し、働きながら浪人生活を始めるが、あるときに「こんなことやっていてもいいのか?」という気持ちに強烈に襲われ、「来年もう一度受けるといってもそれまで自分のこの状態じゃ持たない」と思い発作的に2ヶ月ほど家出をした。

その際、はじめは行くあてもなかったため、家の近所の公園の滑り台の上で野宿していたという。

その後、子役時代から知己のプロデューサーから「もう一度役者をやらないか」と誘われ、アルバイト感覚で役者の世界に戻った。

1970年『その人は女教師』で映画デビューを果たす。

1977年「はーばーらいと」で歌手デビュー。「表参道軟派ストリート」や「カリフォルニア・コネクション」をヒットさせる。


カリフォルニア・コネクション


作詞:阿木燿子 作曲:平尾昌晃

1979年4月21日発売の5枚目のシングルである。

水谷豊の代表曲であるとともに、1979年の代表曲の一つである。『熱中時代・刑事編』の主題歌として使用され、同ドラマの好調なヒットに伴い、シングルも65万枚(オリコン)を売り上げる大ヒットとなった。

ザ・ベストテンでは12週連続で10位以内にランクインし、4週連続で1位を獲得した。

wikipedia

動画は『熱中時代・刑事編』のオープニングだと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思ったら左斜め上をカッチと


カリフォルニア・コネクション [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング



水谷豊は、『熱中時代』で誰でもが知る俳優になりましたが、私にとって水谷豊と言えば「傷だらけの天使」です。「傷だらけの天使」は萩原健一が主演で水谷豊が準主演で弟分を演じています。

金魚のふんのように萩原健一を慕うんです。萩原健一を毎回のように「兄貴ぃー!」と呼んでいました。この「兄貴ぃー!」が当時流行になりました。萩原健一は「付いてくるなよ」などと言ってました。

「傷だらけの天使」は、この二人の強烈な個性とかっこよさと面白さで大好きなドラマでした。
傷だらけの天使.jpg

↑の画像、左が「傷だらけの天使」の水谷豊です。『熱中時代』以降しか知らない人はびっくりしますよね

傷だらけの天使のオープニングです。


傷だらけの天使のオープニングをダウンタウンが二人羽織で真似してます。笑いますよ

posted by aritama at 11:52| Comment(0) | 1979年のヒット曲