2017年04月17日

加藤登紀子(この空を飛べたら)

加藤登紀子


旧満州ハルビン生まれ、京都育ちのシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優

1965年 東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。

1966年 「誰も誰も知らない」でデビュー。

「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞受賞。

1969年 「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。

1983年の映画『居酒屋兆治』で高倉健の妻役、1986年のテレビドラマ『深夜にようこそ』では千葉真一の妻役で共演した。

1984年「難破船」(中森明菜)1987年「わが人生に悔いなし」(石原裕次郎)といった提供曲も、好セールスを記録。

「おときさん」の愛称で親しまれている。


この空を飛べたら


1978年3月10日に加藤登紀子がリリースしたシングル

作詞・作曲:中島みゆき

ドラマシリーズ『球形の荒野』の主題歌。 累計売上は35万枚。

加藤がテレビで「世界歌謡祭」のグランプリを受賞した中島を見て、同コンテストを主催したヤマハ音楽振興会に電話を入れて中島に会わせてもらい、曲を依頼したという。

同年12月31日に、作詞者の中島が、この歌で、第20回日本レコード大賞西條八十賞を受賞する。

1979年11月21日リリースの、中島のアルバム『おかえりなさい』で、中島本人の歌唱が、6番目に収録されている。

なお、加藤の歌と中島の歌には、2コーラス目の歌詞に若干の差異がある。

wikipedia

やはり中島みゆきの曲はいいですね!加藤登紀子にぴったりの曲です。この曲がヒットしたのを覚えています。

加藤登紀子もシンガーソングライターなのに、中島みゆきに曲を依頼するというのは、よっぽど中島みゆきの曲に惹かれたのでしょう。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




この空を飛べたら[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 15:55| Comment(0) | 1978年のヒット曲

2016年10月23日

渋谷哲平「Deep(ディープ)」

渋谷哲平


神奈川県横浜市出身の俳優、元アイドル歌手

中学3年のとき、日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』に出場。

加山雄三の「ぼくの妹に」を歌い合格し、第20回決戦大会で最優秀賞に輝く(同大会の他の合格者には石野真子がいた)。

堀越高等学校に進学してレッスンを受け、1978年2月、日本コロムビアから「朝日に向かって」で歌手デビュー。

1980年3月に堀越高等学校を卒業。

卒業時の同期生に石野真子(1年留年)、松田聖子、岩崎良美がいた。

その後、俳優に転身し、多数のテレビドラマ、舞台、映画に脇役として出演した。

とんねるずのみなさんのおかげですなどバラエティ番組でも活躍した。


Deep(ディープ)


1978年7月10日発売、渋谷哲平3枚目のシングル

作詞:松本隆 作曲・編曲:都倉俊一

『第20回日本レコード大賞』で新人賞を獲得した。

wikipedia

この曲を聴いたとき、すぐにあっ都倉俊一の曲だとわかりました。ピンク・レディーの曲に似てます。

それにしても激しい振付ですね!



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


渋谷哲平 ゴールデン☆ベスト

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 14:19| Comment(0) | 1978年のヒット曲

2016年07月18日

木之内みどり(無鉄砲)

木之内みどり


北海道小樽市出身の元アイドル歌手、元女優

9人兄妹の末っ子。15歳中学3年生のときに、日本テレビの「ミス・ティーン・コンテスト」に応募するが準優勝、望みは叶わず。

「家を建てたい」と16歳の8月、小樽から上京する、歌謡番組のマスコットガールで芸能界入りのきっかけを掴んだ。

1974年5月10日、「めざめ」で歌手としてデビュー、キュートな顔立ちと愛らしい歌声で人気を集めた。

本業の歌手としてはレコードの売り上げが伸びないのにもかかわらず、ブロマイドが飛ぶように売れる怪現象を起こした。

1976年(昭和51年)ヘアートリートメントのCMに出演し、お茶の間にも知名度を上げたが、歌手としてはなかなか成功できず、映画『野球狂の詩』(1977年)、テレビドラマ『刑事犬カール』(1977年 - 1978年)などに出演、女優として活躍した。

またグラビアアイドルとしても人気が高く、篠山紀信撮影で知られる『GORO』(小学館)の表紙を6回も飾った。そのうち1978年には3回を占め、ラストは引退後の1978年10月12日号であった。


無鉄砲


作詞東海林良、作曲大野克夫

1978年6月25日発売の木之内みどり12枚目のシングルヒット曲

前作「横浜いれぶん」と次作でラストシングルとなった「一匹狼 (ローン・ウルフ)」との3曲は、いわゆる「がらっぱち三部作」と呼ばれる。

wikipedia

がらっぱちなんて言葉は何年ぶりに見たことでしょう、若い人はどこの方言と思うかもしれませんね、昔はこの言葉よく使われていたんです。言動が粗野なこと。またそういった人だそうです。

この動画もそんねイメージですね

木之内みどりは、その当時ものすごい人気でした。意外と大ヒット曲がないのには驚きました。私も木之内みどり好きでした。今は竹中直人の奥さんです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
ランキング参加中カチッとお願いします


ザ・プレミアムベスト 木之内みどり

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 13:22| Comment(0) | 1978年のヒット曲