2019年01月30日

あおい輝彦(Hi-Hi-Hi)

あおい輝彦(Hi-Hi-Hi).jpg


Hi-Hi-Hi


ハイ・ハイ・ハイ)は、1977年3月5日に発売されたあおい輝彦の13枚目のシングル。

作詞・作曲:森雪之丞

オリコンチャートにおいては週刊最高7位となり、あおい自身最大のヒット曲「あなただけを」以来、2作振りにベスト10入りを果たす。

1977年の5月1日には同名のオリジナルアルバム「Hi-Hi-Hi」が発売された。

1979年2月に、西城秀樹が自ら企画・選曲し国民的な大ヒットとなった、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のヒントになった曲でもある。

「夜のヒットスタジオ」で、本楽曲を歌唱後にあおいは「年齢的に恥ずかしい(当時のあおいは29歳)」と打ち明けたが、西城は「そんなことは無いです、凄く格好良いですよ。僕もこんな歌を歌いたくなりました」と絶賛されたと証言している。

wikipedia

あおい輝彦は、ジャニーズ事務所の初代アイドルグループの一員で、グループ名もそのままジャニーズなんですね、そのジャニーズの動画がありました。あおい輝彦も可愛い顔をしています。

(Hi-Hi-Hi)の当時は、あおい輝彦もヒット曲を連発して人気がありました。

ポール・マッカートニー&ウイングスの曲に(Hi-Hi-Hi)がありますが、この曲のタイトルもそれから取ったのでしょうか?





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
にほんブログ村
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村




posted by aritama at 16:51| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2017年10月10日

シリア・ポール(夢で逢えたら)

シリア・ポール(夢で逢えたら).jpg



シリア・ポール


Celia Paulは、大阪府出身の女優・歌手。

国籍はインド。ポール聖名子、エルザ・ポールは姉妹。

子供の頃から、テレビ・映画に子役として出演した。

1969年、ニッポン放送「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」初代DJ「モコ・ビーバー・オリーブ」の「オリーブ」として人気があった。

1977年、ソロアルバム『夢で逢えたら』で再デビューする。

また、1970年代後半から1980年代にかけては、FM東京のDIATONE ポップスベストテンやサントリー・サウンドマーケットといった音楽番組のパーソナリティも担当した。


夢で逢えたら


1977年6月1日に発売されたシリア・ポールのシングル

大瀧詠一が作詞作曲、プロデュースした楽曲。

数多くのカバーがあり、ナイアガラ・レーベル随一のスタンダード曲である。

未発表であった大瀧詠一本人による歌唱版(セルフカバー)が、大滝の死後の2014年12月に公表された。

1976年、吉田美奈子、シリア・ポールが最初に歌っているが、一般的には吉田美奈子の代表曲として知られている。

元々はアン・ルイスに書いた楽曲であったが、当時の彼女のスタイルに合わずにボツになる(のちにルイスも英語詞で歌うことになる)。

「大瀧詠一作品集 Vol.2」のライナーの自身談によると、シュレルス(The Shirelles)の「フーリッシュ・リトル・ガール」(Foolish Little Girl)を下敷きの一つとして作ったという。

wikipedia

吉田美奈子とシリア・ポール記憶にないな、(夢で逢えたら)は大瀧詠一の曲であることは知っていましたが、大瀧詠一自身が歌って発売されたのは、2014年なんですね!アルバム『Best Always』(ベスト・オールウェイズ)に収録されています。

シリア・ポールの動画がありましたが、画質がかなり悪いです。大瀧詠一が歌う(夢で逢えたら)も掲載しました。

シュレルスの「フーリッシュ・リトル・ガール」も掲載しました。やはり少し似ていますね、ぜひ聴いてみてください。











にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


シュレルスの「フーリッシュ・リトル・ガール」



posted by aritama at 12:40| Comment(0) | 1977年のヒット曲