2016年11月22日

浅野ゆう子(セクシー・バス・ストップ)

浅野ゆう子


兵庫県神戸市出身の女優、歌手

3歳の時、両親が離婚。親戚の家を母と共に転々とした。

幼いころから芸能志望で、母親も娘を芸能人にさせるべく小学生のころから歯の矯正をさせた。

幼少時代から大人びており、たまたま行った公開放送でスカウトされた。

中学生のころは、京王線代田橋駅そばの寮から学校へ通う。

『歌う新人王決定戦』で優勝したことがデビューのきっかけとなる。

初め浅野は、アイドル歌手としてデビューし、「ジャンプするカモシカ」をキャッチフレーズに活動していた。

デビューした1974年に「恋はダン・ダン」で、第16回日本レコード大賞新人賞受賞。

当時の女性アイドルは小柄であることが好ましいとされており、浅野のような長身で日本人離れしたプロポーションのアイドルは珍しかった。

また、ミニスカートやホットパンツなどでスタイルを強調していた浅野は女性からの反撥を受けたこともあり、アイドル歌手としては大成しなかった。

一方、ルックスが大人びていた浅野は、中学生ながらテレビドラマ『太陽にほえろ!』に警察署・捜査第一係の2代目内勤員(お茶くみ)役として出演した。

1988年ドラマ『君の瞳をタイホする!』のヒロイン・シングルマザー役に抜擢され、さらにドラマ『抱きしめたい!』で『W浅野』と呼ばれた浅野温子との競演で、女性からの圧倒的な人気を得た。

これ以降は「トレンディドラマの女王」と称される程にブレイクし、1990年代初頭には、W浅野を意識した服装が大いに流行した。


セクシー・バス・ストップ


1976年3月5日に発売された筒美京平が率いた覆面ユニット“Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス”の1stシングルで、筒美が“Jack Diamond”という変名で作曲した作品である。

インストゥルメンタルだった本作に、新たに歌詞を付けて1976年4月25日に、浅野ゆう子の8枚目のシングルとしてカバーされる。

作詞:橋本淳/作曲:Jack Diamond

浅野のカバー盤はチャートTOP10近くまで上昇するヒットとなり、自己最高セールスを記録する。

またB面には、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」のカバーバージョンが収録された。

wikipedia

浅野ゆう子ホントにスタイルが良かったです。アイドル歌手時代はそのスタイルに圧倒されました。

1976年はディスコ人気に火がついた時期でした。バス・ストップというステップがアメリカで流行り、そのステップで踊れる曲を日本でも作ろうということで、筒美京平が作曲したそうです。

あの当時は、ディスコに行けば全員がステップで踊ってました。皆、同じ振付で踊っていたんです。

この曲もヒットしましたし、インストゥルメンタルの方もヒットしました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




セクシー・バス・ストップ [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 15:15| Comment(0) | 1976年のヒット曲

2016年10月22日

岡田奈々(青春の坂道)

岡田奈々


岐阜県岐阜市鏡島に生まれ女優、元歌手

1974年、岐阜市の鶯谷女子高等学校高校1年在学時に、オーディション番組『あなたをスターに!』の第2回チャンピオンとなり、翌1975年5月10日、16歳でシングル『ひとりごと』が発売され歌手としてデビューした。

以来ポッキーの初代CMガールや、『俺たちの旅』での田中健演ずる中谷隆夫の妹・中谷真弓役、1976年のシングル『青春の坂道』のヒットなど、アイドルとして活躍。

1977年3月、堀越高等学校を卒業、同年4月、戸板女子短期大学に進学した。

同年7月15日未明、東京都港区三田4丁目の秀和三田聖坂レジデンス内の自宅に窓から暴漢が押し入る事件が起きた。

犯人は岡田を果物ナイフで切りつけ、右手親指の付け根と左手の掌に30針の重傷を負わせるなどし、早朝7時には犯人は玄関から出て行ったという。

所属事務所は記者会見を開き、岡田は両手を包帯につつまれつつ事件の顛末を説明した。

当時、岡田はテレビドラマ『俺たちの朝』にレギュラー出演中でもあったが、事件の2日後には仕事を開始したという。

この折の犯人は以降も逮捕されぬまま、時効が成立した。

20歳となった1979年からは女優業に本格転向し、短期大学は中退した。

その後は、『戦国自衛隊』(1979年)や『里見八犬伝』(1983年)といった全盛期の角川映画や、『スクール☆ウォーズ』(1984年10月 - 1985年4月)などの大映ドラマで活躍した。

作家の安部譲二は岡田の熱烈なファンで、自身原作の映画作品に出演依頼をしてこれを実現させたのが、1987年の『塀の中のプレイ・ボール』であった。


青春の坂道


1976年3月10日発売の、岡田奈々の4枚目のシングル

作詞:松本隆、作曲:森田公一

月刊誌『明星』で歌詞を一般公募し、入選した中司愛子の歌詞を原案に松本隆が作詞したもの。

リリース当時、テレビドラマ『俺たちの旅』にレギュラー出演していたが、岡田を主人公にした第22話『少女はせつなく恋を知るのです』の劇中歌として使用された。

この劇中歌は歌詞のヴァージョンが違い、一方的な恋の相手であるカースケ(中村雅俊)に向けた真弓(岡田)の思いを描くために「きみ」が「あなた」に変わる等、細部に手が施されている。

wikipedia

岡田奈々の事件覚えています。その当時は大騒ぎでした。アイドルスターの部屋へ侵入して傷つけるなんて事件は、私の記憶では初めてのことだと思います。犯人が逮捕されてないとはびっくりですね!

この動画は、『俺たちの旅』にレギュラー出演していたが、岡田を主人公にした第22話『少女はせつなく恋を知るのです』の映像かもしれません。岡田奈々が歌っている動画ではありません。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Myこれ!チョイス 31 憧憬(あこがれ)+シングルコレクション

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 13:19| Comment(0) | 1976年のヒット曲