2019年08月21日

りりィ(私は泣いています)

りりィ(私は泣いています).jpg


りりィ


福岡県福岡市出身のシンガーソングライター・女優

小学校3年から東京で育つ。母は中洲でバー「翡翠」を経営、父は米空軍の将校で、りりィはハーフ。

父はりりィが生まれる前に朝鮮戦争で戦死したと伝えられた。

10歳で家族と一緒に上京。

東映の児童劇団に1年半所属。

東映在籍中の1966年、緑魔子主演の『非行少女ヨーコ』にちょい役で出演。

高校には行かず、彼女が17歳のとき母が亡くなり、生活のためにスナックで弾き語りをする。

「りりィ」という芸名はブラブラしているときに仲間が付けたあだ名が元。

「ィ」がカタカナなのは、なんとなく自分で変えたという。

1971年、下田逸郎のアルバム『遺言歌』に参加。

イギリスのフォークシンガー、ドノヴァンの楽曲「ラレーニア」(Lalena)から採ったレーニアという名前で「ひとりひとり」という楽曲のリードボーカルをつとめる。

本格的に曲作りを始めたのは山上路夫からの勧めがきっかけ。

本来は3オクターブの音域を持つ美声だったが、風邪をひいた日に二升近く日本酒を飲み、朝まで歌い続けたら翌日声が潰れたという。

1972年2月5日、20歳のとき、東芝音楽工業よりアルバム『たまねぎ』で歌手デビュー。


私は泣いています


1974年3月5日に発売されたりりィのシングルレコード

作詞、作曲:りりィ

オリコン3位、97万枚を越える大ヒットを記録する。

この曲は遊びで作った英語詞によるブルース「アイム・クライング・オン・ザ・ベッド」に自ら日本語の歌詞をつけたもので、当初は知り合いだった研ナオコに歌ってもらうつもりで事務所に持参したところ、「自分で歌ってくれないと困る」と言われ、しかたなく歌ったという。

Wikipedia

その当時のりりィの動画はありませんが、レコードジャケットを見ると、ハーフなだけあって美人ですね

りりィのハスキーボイスが、風邪と歌と酒によるものだとは知りませんでした!それにしても二升近く日本酒を飲みとは、凄い酒豪ですね、驚きました。

この曲は、りりィの最大のヒット曲で、ベストテンに入ったのは、この曲だけだと思います。有名な曲です。

研ナオコとは親友のようで、カバー動画がありました。








にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






中森明菜


坂本冬美


研ナオコ


八代亜紀


アンヌ・アンデルセン


にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ




posted by aritama at 14:05| Comment(0) | 1974年のヒット曲

2018年03月06日

和田アキ子(古い日記)

和田アキ子(古い日記).jpg


和田アキ子


大阪市天王寺区出身の歌手、タレント

天王寺区にある大阪市立真田山小学校を卒業後、私立城星学園中学校へ入学。

そのまま私立城星学園高校に進学するも父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった。

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。

174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ社長・堀威夫直々にスカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。

芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。本名は当て字である。

デビュー当時のキャッチ・コピーは「和製リズム・アンド・ブルースの女王」。

1968年10月25日、「星空の孤独」でレコードデビュー。


古い日記


1974年2月25日に発売された和田アキ子の18枚目のシングル。

作詞 安井かずみ 作曲 馬飼野康二

和田の代表曲のひとつとして知られている。

吉村明宏による「あの頃は ハッ!」というものまねで有名であるが、「ハッ!」のタイミングは和田本人が歌唱する時とは異なっている。

随所に入る「ハッ!」という掛け声は、スティービー・ワンダーを意識したものである。

wikipedia

曲は覚えているけど曲名を忘れていて、古い日記てフォークソングみたいな曲名だなと思ってしまいました。曲を聴いて、なんだこれだったかと思いました。

この曲はかなり有名な曲ですが、オリコンでは44位でした。やはり吉村明宏のものまねが有名にしたのかもしれないです。



にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


posted by aritama at 12:31| Comment(0) | 1974年のヒット曲