2016年04月18日

フィンガー5(恋のダイヤル6700)

フィンガー5


日本の男女混合歌謡アイドルグループ。

1970年代を中心に活躍。メンバーは沖縄県出身の5人の兄弟(男4女1)であり、ダンスをこなしながら歌うスタイルと、メインボーカルの四男・晃の変声期前のハイトーンボイスとその歌唱力やルックスなどで人気となり、ミリオンセラーを記録した。

簡単にいえば、アメリカの黒人一家の子供を中心に形成されたバンド「ジャクソン5」のコピーバンドである。

グループ名はオールブラザーズからベイビー・ブラザーズ、そしてフィンガー5になった。

初めてのテレビ出演は、子供の視聴が多い土曜の夕方を狙って放映され、放映直後のテレビ局には問い合わせの電話が殺到した。

1973年にリリースした世志凡太プロデュースによる「個人授業」がミリオンセラーとなり、一気に知名度が上がる。


恋のダイヤル6700

作詞:阿久悠 作曲・編曲:井上忠夫

1973年12月31日より4週連続で、オリコン・シングルチャート第1位獲得。累計売上は160万枚を記録

wikipedia

フィンガー5の人気はすごかったですね!「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」はいずれも100万枚以上売り上げています!




恋のダイヤル6700 [EPレコード 7inch]


posted by aritama at 15:21| Comment(0) | 1973年のヒット曲

2009年02月23日

金井克子(他人の関係)

金井克子


中国・天津生まれ、大阪府岸和田市で育ちの歌手・元バレエダンサー。

1953年、西野バレエ団に参加。1959年、モデルとして芸能界入り。

1962年8月、「ハップスバーグ・セレナーデ/涙の白鳥」でレコード・デビュー。

1964年からNHK『歌のグランドショー』に出演し、人気を博す。


他人の関係


1973年最高7位獲得曲

金井克子のシングル盤では唯一オリコントップ10にランクインした。

「パッパッパパッパー」という独特のイントロ・間奏とそれに合わせた振り付けが話題になった。

この振り付けは元々、金井が西野バレエ団の演目で披露するつもりだったが不採用に終わったものである。

1973年、第15回日本レコード大賞企画賞受賞。

第24回NHK紅白歌合戦で披露された。

Wikipedia

その当時この振り付けは本当に話題になりました!




他人の関係 [EPレコード 7inch]



posted by aritama at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 1973年のヒット曲