2017年07月19日

坂本スミ子(夜が明けて)

坂本スミ子


大阪府大阪市東住吉区出身のラテン・歌謡曲の歌手、俳優

学生時代から発声をクラシックの木下保のもとで学び、プール学院高等部卒業。

NHK大阪合唱団を経て、大阪キューバン・ボーイズの近藤正春の勧めもあり、ラテン歌手として独立、デビュー。

しかし、当初は歌手として全く売れず、鳴かず飛ばずだった。

1959年12月、アイ・ジョージと共に、トリオ・ロス・パンチョスの日本公演の前座歌手となり、「ラテンの女王」として一躍名が知れ渡り、人気歌手への階段を上る。

また、1961年から始まったテレビ番組『夢であいましょう』では主題歌も歌い、NHK紅白歌合戦には1961年から1965年まで5回連続出場した。


夜が明けて


1971年10月21日に発売された坂本スミ子のシングル

作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平

なかにしは「ぬけがら」「たばこのけむり」「かみの毛」「すいがら」「くちびる」「おんな」「ひとり」など、本来漢字で書ける単語を意識的にひらがなで書き、別れの哀しさを歌った歌詞に仕上げる。

筒美は全体をアンデスのフォルクローレをフィーチャーした歌謡曲に仕上げ、アレンジの面では、チャランゴやケーナといった民族楽器のサウンドを、12弦及びガット弦の生ギターとリコーダーでシミュレートし、作品を完成させる。

本作はチャート最高位14位、25週にわたりチャートインするロングセールスを記録し、坂本にとって久々のシングルヒットとなった。

wikipedia

坂本スミ子て誰だ?と思った人も多いと思います。私もそう思いました。でも顔を見て思い出しました。動画を観て、ショートヘアの坂本スミ子懐かしいと思いました。

この曲も覚えています。サイモン&ガーファンクルの曲のような感じがしました。良い曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ファースト・ゴールデン・アルバム 夜が明けて

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 12:10| Comment(0) | 1971年のヒット曲

2017年07月08日

上條恒彦(出発の歌)

上條恒彦


かみじょう つねひこは長野県東筑摩郡朝日村出身の歌手、俳優・声優。

長野県東筑摩郡朝日村に生まれる。

朝日中学校を経て長野県松本県ヶ丘高等学校を卒業後、1958年4月に上京。

大森の雑貨品問屋の住み込み店員を手始めに、新聞配達、サンドイッチマン、うたごえ喫茶の歌手など約15種類の職業を経験する。

1964年3月、初めて労音で勤務し、後に歌手としてデビューするきっかけとなる。

1969年、NHKのステージ101の初期メンバーとしてレギュラーになるが、年長で別格扱いであった。

1971年、グループ「六文銭」と共演した『出発の歌(たびだちのうた)』で、三重県合歓の郷で開催された「ポピュラーソング・フェステバル'71」のグランプリを受賞


出発の歌


『出発の歌 -失なわれた時を求めて-』(たびだちのうた -うしなわれたときをもとめて-)は、1971年11月にリリースされた上條恒彦の3枚目のシングルである。

作詞:及川恒平、作曲:小室等

フォーク・グループ六文銭と共演した曲。

ヤマハ音楽振興会主催の「第2回世界歌謡祭」でグランプリを受賞した。

オリコン5位

wikipedia

上條恒彦は、俳優としてのほうが有名なのかもしれないですね、でも70年代前半は、髭面で歌う歌手、上條恒彦は有名でした。私もよく覚えています。この曲がヒットしたのも記憶に残っています。



にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 15:47| Comment(0) | 1971年のヒット曲

2017年06月28日

小山ルミ(さすらいのギター)

小山ルミ


北海道札幌市出身の元歌手、女優、タレント

父はアイルランド人の軍人で、母は日本人

中学在学中にモデルの仕事を始め、フジテレビ『ビート・ポップス』などにカバー・ガールとして出演した後、1968年にグループ・サウンズの同名のコミックソングを映画化した『ケメ子の歌』のヒロインに抜擢される。

愛らしい顔立ちとコケティッシュな魅力でたちまち若い世代のアイドルとなり、以後も映画『ドリフターズですよ!冒険冒険また冒険』『ある少女の告白・純潔』、テレビドラマ『オレと彼女』『オレとシャム猫』などに出演。

また、ビクターから『はじめてのデート』で歌手としてもデビューし、のちにテイチク移籍後『さすらいのギター』などがヒット。


さすらいのギター


1971年6月1日発売の小山ルミのシングルヒット曲

作詞:千家和也/作曲:J.A.Schatrow

この曲は、『満州の丘に立ちて』というロシアの曲です。

この「満州の丘に立ちて」をロック&ロール調に編曲し、"Mandschurian beat" としてリリースしたのが、フィンランド出身のギター・インストゥルメンタル・バンド、ザ・サウンズ(The Sounds)です。

そして日本では「さすらいのギター」の邦題が付けられアメリカのエレキ・インスト・バンド、ベンチャーズが1971年、日本で「当時ベンチャーズの新曲として」シングル盤を発表しヒットさせた。

その後寺内タケシや小山ルミも同曲を録音する程となった。

wikipedia

この曲を聴いたとき、あれベンチャーズの曲に似ているなと思って調べたら、『満州の丘に立ちて』のカバー曲だったことがわかりました。

本人が歌っている演奏している動画はありませんでした。曲をお楽しみください。

「満州の丘に立ちて」、ザ・サウンズ、ベンチャーズも掲載しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


さすらいのギター[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング



『満州の丘に立ちて』(На сопках Маньчжурии)


The Sounds - Manchurian Beat


The Ventures - Manchurian Beat (さすらいのギター)

posted by aritama at 12:47| Comment(0) | 1971年のヒット曲