2016年10月09日

前野曜子(別れの朝)

前野曜子


東京都中央区銀座に生まれの歌手

ペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカルである。

1963年4月、川村高等学校に進学するも、満17歳になった1965年、同校を中途退学し、宝塚音楽学校に進む。

1967年、第53期生として宝塚歌劇団へ入団、同年の星組公演『世界はひとつ』が初舞台公演の演目であった。

同期は54名、室町あかねや小松美保がおり、前野の当時の芸名は弓 千晶。

1968年10月30日付で同劇団を退団した。

宝塚時代に知り合った亀渕友香とディスコ「赤坂ムゲン」で再会してリッキー&960ポンドに参加、翌1969年、「ワッハッハ」がヒットを記録する。

この頃は西丘 有理と名乗る。

1971年、同グループと同じ事務所に所属するペドロ&カプリシャスにヴォーカルとして参加、同年10月発売の「別れの朝」が大ヒットを記録する。


別れの朝


1971年10月にリリースされたペドロ&カプリシャスのメジャー・デビューシングルである。

ペドロ&カプリシャスの代表曲のひとつである。

作詞・作曲:ウッド・ユルゲンス、日本語詞:なかにし礼

原曲はオーストリアの歌手でウッド・ユルゲンスの「Was ich dir sagen will」(夕映えの二人)のカバーである。

なお原曲の歌詞と、なかにし礼が担当した日本語詞はかなり異なっている。

週間オリコンチャートではいきなり4週連続で1位を獲得し、シングル売り上げも55.7万枚を記録。

ペドロ&カプリシャスとしては最大のヒット曲となった。

wikipedia

この動画、前野曜子だけで歌っています。もしかするとペドロ&カプリシャスを脱退してソロになってからのものかもしれません。

(別れの朝)は大ヒットしましたが、原曲がオーストリアの歌手ウッド・ユルゲンスということを初めて知りました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


別れの朝[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング



Udo Jürgens&José Carreras --WAS ICH DIR SAGEN WILL, SAGT DIR MEIN KLAVIER

posted by aritama at 15:20| Comment(0) | 1971年のヒット曲

2016年07月10日

シモンズ(恋人もいないのに)

シモンズ


田中ユミ、玉井タエの女性デュオである。

ともに大阪府出身で、いわゆる関西フォーク系に属する。

シモンズの名前は二人がファンであった「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みしたもの。

二人は高校時代からベッツィ&クリスのカバーなどを歌ってライブ活動をしていた。

毎日放送ラジオの『ヤングタウン』のオーディションで合格。高校卒業後に上京しRCAレコードから「恋人もいないのに」でデビュー。


恋人もいないのに


デビュー曲は「あの素晴しい愛をもう一度」になる予定であったが、この曲は北山修と加藤和彦が唄うことに決まったため、急遽「恋人もいないのに」になった。この曲は60万枚を超える大ヒットとなった。

作詞:落合武司、作曲:西岡たかし

1971年8月5日 オリコン21位

同楽曲で第13回日本レコード大賞新人賞を受賞。

wikipedia

最初の動画は途中で終わっているため、動画ではない最後まで聴けるものも貼り付けました。

シモンズてあまり記憶にないのですが、動画を見るとお二人とも可愛いですね!昭和の女性て本当に可愛い人が多かったなといつも思います。





にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ
ランキング参加中カチッとお願いします


恋人もいないのに

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


GOLDEN☆BEST シモンズ オールソングス・コレクション

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
posted by aritama at 12:33| Comment(0) | 1971年のヒット曲

2016年06月27日

はしだのりひことクライマックス(花嫁)

はしだのりひことクライマックス


はしだ のりひこ、京都府京都市出身のシンガーソングライター、フォークシンガー。

ドゥーディ・ランブラーズの一員としてデビューした後、加藤和彦に請われてザ・フォーク・クルセダーズの一員として参加する。

フォーク・クルセダーズが解散した後、「はしだのりひことシューベルツ」や「はしだのりひことクライマックス」「はしだのりひことエンドレス」のリーダーを務め、ソロに転向。


花嫁


作詞: 北山修 、作曲: 端田宣彦・坂庭省悟

ギターのイントロから始まる、70年代フォークソングを代表する楽曲のひとつ。

ヴォーカルは、藤沢ミエ。暗いイメージのある駆け落ちを明るく前向きに表現した楽曲である。

1971年2月15日・22日付のオリコン週間ヒット・チャートで2週連続第1位を獲得したほか、同年の年間ヒットチャートで第7位を記録した。累計売上はミリオンセラーを記録。

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ


花嫁 [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ





posted by aritama at 15:44| Comment(0) | 1971年のヒット曲