2016年08月31日

村下孝蔵(踊り子)

踊り子


村下孝蔵の楽曲で、1983年8月25日に発売された。

作詞・作曲:村下孝蔵

村下のデビュー4年目、6枚目のシングルA面の曲。のちに同年発売のアルバム『初恋〜浅き夢みし〜』の3曲目として収録された。

前作「初恋」に引き続いておよそ10万枚(オリコン)を売り上げるヒット曲となり、「初恋」に次いでライブ・コンサートでの演奏回数が多い曲である。

晩年のテレビ番組出演では、この曲を演奏する場合も多かった。

シングルバージョンとライブバージョンでは曲のイメージがまるで変わり、前者の場合はキーボードを多用しているのに対し、後者の場合は弾き語り色が強い。

wikipedia

村下孝蔵は、(初恋)と(踊り子)が代表曲だと思います。(初恋)は3位になっていますので大ヒットでした。(踊り子)は24位でしたが、私は(初恋)と同じぐらに好きな曲です。

初恋は少しキーが高くて歌えなかった記憶がありますが、(踊り子)はキーが合ってよくカラオケで歌いました。





にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


初恋~浅き夢みし

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング



南こうせつ、加藤いづみ、吉川忠英の(踊り子)


北山たけしの(踊り子)

posted by aritama at 15:57| Comment(0) | 村下孝蔵

2009年02月16日

村下孝蔵(初恋)

村下孝蔵


熊本県水俣市出身のシンガーソングライター。

1971年、高校卒業後、得意の水泳で実業団・新日本製鉄八幡製鐵所入り。しかし同年夏に退職。

当時父親は東洋工業に転職していたため、家族のいる広島市に転居した。専門学校に通いながら音楽活動を再開、楽器店のギター売り場で座り込んでギターを弾いた。

日本デザイナー学院広島校卒。

1975年、就職した広島ヤマハでピアノ調律師の傍ら音楽活動を継続。

ヤマハを退社した1979年、自主製作アルバム「それぞれの風」を発表した。

この頃、広島の音楽好きには知られた存在で、地元の中国放送でラジオ番組(たむたむたいむ)なども担当していた。

この後も広島を拠点に音楽活動を続ける。


初恋


1983年2月25日にCBSソニーより発売され最高順位3位(オリコン) 獲得曲

学生時代、恋をしながら勇気を出せず、告白出来ないままに結局叶わぬ恋としてしまった男性に仮託し、初恋の想い出を歌う。

2番構成で、最後はサビ部分を1回繰り返し、コーラスとの掛け合いでフェードアウトする。

村下にとって最大のヒットとなった曲である。

村下自身も代表曲として積極的に歌い、ライブやコンサートでは必ず締めの曲に使用していたほか、テレビ番組に出演する際もこの曲で出演を続けた。

三田寛子など多くの歌手にカバーされている。

Wikipedia




初恋~浅き夢みし
posted by aritama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 村下孝蔵