2016年08月28日

TM NETWORK(COME ON EVERYBODY)

COME ON EVERYBODY


カモン・エブリバディは、1988年11月17日にリリースされたTM NETWORKの15枚目のシングル。

作詞・作曲:小室哲哉

アルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』の先行シングルとしてリリースされた。

「Come On Let's Dance」のライブバージョンのイントロ、アウトロのリフをベースに作られた曲である。

但しシングル版とアルバム版はアレンジが大幅に異なっており、アルバム『CAROL』に収録されているバージョンは、エレキギターのリフを部分的に排除してあり、それぞれを聴き比べるとサビの1フレーズ目やリフレインが明らかに異なっていることがよくわかる。

アルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」のバンドスコア掲載の小室へのインタビューによると、このアルバムにおいて一番打ち込みが多い曲とのことである。

エレキギターの演奏もいったんサンプラーに取り込んで同期させて演奏しているとのことである。

また翌年には同曲のリミックスシングルがリリースされている。

オリコン3位

wikipedia

80年代後半は新しい音楽が出てきた時期だと思う。TM NETWORKの音楽はそれまでとは違い、斬新だったのではないだろうか、私は小室哲哉は90年代の音楽を作り上げた人物だと思っている。このアルバムのタイトルも、 1991〜となっている。

このアルバムはCD・LP・カセットを含めた売り上げ枚数が108万3,858枚だそうだ!



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 15:01| Comment(0) | TM NETWORK

2016年06月11日

TM NETWORK(Get Wild)

TM NETWORK


小室哲哉(シンセサイザー・キーボード)、宇都宮隆(ボーカル)、木根尚登(リズムギター・ピアノ)の3人で構成される音楽ユニット・デジタルバンドである

1983年、新たな音楽を模索していた小室哲哉が木根尚登にバンドではなくユニットという形で音楽活動をすることを打診。

元々はオーストラリアの外国人ボーカリストをボーカルに据える考えであったが、ビザの期限切れで国外退去となったため、別バンドで活動していた宇都宮隆を引き抜く形で結成。

5月、ユニット名を「TM NETWORK」と命名する。

8月、『フレッシュサウンズコンテスト』で「1974」を演奏し、 満点の評価を得てグランプリに輝く。

9月10日、EPIC・ソニーと正式契約。

ユニット名の「TM」はメンバーが住んでいたと同時に、音楽活動を始めたホームタウンとも言える東京都多摩地域の「多摩」 (TaMa) がその由来である。小室がシカゴのように地域名を入れたいとこだわったのであった。


Get Wild


作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉

TM NETWORKの代表曲。テレビアニメ『シティーハンター』(読売テレビ系)のエンディングテーマとなったことから、大ヒットした。

1987年オリコン週間9位、収録アルバム「Gift for Fanks」

wikipediaより抜粋



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


Gift for Fanks(DVD付)

にほんブログ村 音楽ブログへ


posted by aritama at 13:50| Comment(0) | TM NETWORK