2016年03月14日

岩崎宏美(思秋期)

思秋期


1977年リリースされた岩崎宏美の11枚目のシングル

作詞:阿久悠 作曲:三木たかし

第19回日本レコード大賞・歌唱賞、第8回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞曲。

18歳の岩崎が高校を卒業した3か月後の時期に、阿久と三木の立ちあいのもとレコーディングが行われた。

だが、岩崎は歌詞の内容に気持ちが高ぶり何度も泣いて歌えなくなり、その日のレコーディングは取りやめになった、という。

後に岩崎は阿久に「おじさんの年齢(当時の阿久は40歳)の人が、何故自分の生活や心情が分かるのか不思議でならなかった」と話したが、自身の思い出については語らなかったという。

オリコン週間6位

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


ゴールデン☆ベスト
posted by aritama at 12:32| Comment(0) | 岩崎宏美

2009年02月07日

岩崎宏美(ロマンス)

岩崎宏美


東京都江東区出身の歌手、女優である。岩崎良美は実の妹にあたる。

綺麗な発声と充分な声量、正確な音程でデビュー当初から実力派歌手として高い評価を受ける。

 1970年代から1980年代にかけて、日本の歌謡界を象徴する歌手の一人である。


ロマンス


1975年7月にリリースされた岩崎宏美の2枚目のシングルである。オリコンでは初めての1位獲得となり、90万枚近いセールスを記録した。

年末の賞レースでは細川たかしと激しく競り合い、第17回「日本レコード大賞」新人賞及び第6回「日本歌謡大賞」放送音楽新人賞を受賞した。

リリースされて1ヶ月余りでオリコンのBEST10に初登場した。3週後には1位を獲得するなど、1975年の年間第6位に輝いた。又岩崎にとってこの「ロマンス」が最大のヒット曲となる

以上Wikipediaより抜粋




ロマンス (MEG-CD)
posted by aritama at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩崎宏美