2017年07月12日

岩崎宏美(すみれ色の涙)

岩崎宏美(すみれ色の涙).jpg



すみれ色の涙


1981年6月にリリースされた岩崎宏美の25枚目のシングル

作詞:万里村ゆき子、作曲:小田啓義

前作「恋待草」に続く「草花シリーズ」第2弾

第23回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞受賞曲。

本作品はカバー曲である。

オリジナルは1968年に、ジャッキー吉川とブルーコメッツがリリースした「こころの虹」のB面に収録されていた。

岩崎は、新曲制作会議において、姉が所有していたジャッキー吉川とブルーコメッツのレコードを持参したところ採用されたと語っている。

wikipedia

1968年のB面だった曲が、岩崎宏美が歌ったことで大ヒットになったわけですが、この曲は作詞が女性で女性の詞ですね、なので男性のジャッキー吉川とブルーコメッツが歌うより、女性が歌ったほうが良いのだと思いました。

68年ですからグループ・サウンズ全盛の時期です。この曲もその時代を感じさせるいい曲です。

動画2つ掲載しましたが、1つはリチャード・クレイダーマンと共演の動画ですよ




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ



posted by aritama at 13:02| Comment(0) | 岩崎宏美

2016年03月14日

岩崎宏美(思秋期)

思秋期


1977年リリースされた岩崎宏美の11枚目のシングル

作詞:阿久悠 作曲:三木たかし

第19回日本レコード大賞・歌唱賞、第8回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞曲。

18歳の岩崎が高校を卒業した3か月後の時期に、阿久と三木の立ちあいのもとレコーディングが行われた。

だが、岩崎は歌詞の内容に気持ちが高ぶり何度も泣いて歌えなくなり、その日のレコーディングは取りやめになった、という。

後に岩崎は阿久に「おじさんの年齢(当時の阿久は40歳)の人が、何故自分の生活や心情が分かるのか不思議でならなかった」と話したが、自身の思い出については語らなかったという。

オリコン週間6位

wikipedia





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ


ゴールデン☆ベスト


posted by aritama at 12:32| Comment(2) | 岩崎宏美