2017年08月15日

渡辺真知子(唇よ、熱く君を語れ)

唇よ、熱く君を語れ


1980年1月21日発売、渡辺真知子の7作目のシングル曲

アルバム「Libra」に収録されている大ヒット曲

作詞:東海林良 作曲:渡辺真知子 

この曲について渡辺真知子は「7曲目で初めての明るい曲(1 - 6曲目は全て失恋を題材にした曲である)で、素の自分を出すことが出来て嬉しかった」、「この曲は今でもコンサートで思いっきり盛り上がれる曲で、30周年記念コンサートでも歌った」という趣旨の発言をしている。

『ザ・ベストテン』には、1980年3月13日に10位で初登場。

3週連続2位を獲得した。

また、この曲はカネボウのCMソングである。

作詞者の東海林良は、この曲のタイトルについて、『作詞者自身としては、女性に対して「君自身のことを語ってくれ」という趣旨でこのタイトルをつけた。

当時、女性を第三者的立場から応援する曲はあったが、女性に対して直接発言を促すような曲はなかったと思う。』と述べている。

wikipedia

明るくて聴いていて楽しくなる良い曲ですね!渡辺真知子も楽しそうに歌っていますね

タイトルにはどんな意味があるのかなと思っていましたが、女性よもっと主張しろと言っているようにも感じます。

1980年といったらまだ70年代みたいなものですので、その当時の女性はどちらかといえば、控えめだったと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 13:15| Comment(0) | 渡辺真知子

2009年02月04日

渡辺真知子(迷い道)

渡辺真知子


神奈川県横須賀市出身のシンガーソングライター。

一般にニューミュージックに分類される

1975年、高校生のころにヤマハポピュラーソングコンテストに「PIA」というグループで参加したが、エントリー時はすでにソロになっていた。『オルゴールの恋唄』で審査員特別賞(川上賞)を受賞。

デビュー当時、スターダムに上がってきたある日の事、渡辺が地元の沿線である京浜急行に乗車し、座席の前で立っていた時に、その目の前の座席に一人の20歳前後の男が帽子を目深に被って泣いており、何やら口ずさんでいる様な感じであったが、渡辺が耳を澄ますと、その口ずさんでいた歌は渡辺の“迷い道”であった(その歌自体が失恋めいたものをモチーフにしている)。このエピソードはよくテレビのトーク番組で話される。


迷い道


1977年のヒット曲で、デビュー曲である。

第29回NHK紅白歌合戦初出場曲

Wikipedia




迷い道 [EPレコード 7inch]
posted by aritama at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡辺真知子