2019年08月28日

伊藤麻衣子(見えない翼)




伊藤麻衣子


愛知県名古屋市中川区出身の女優、タレント、元アイドル歌手

1981年に雑誌『BOMB』に特集記事が掲載されるが、この時は年齢を1歳若くごまかしていた。

1982年、ミスマガジンコンテストの初代グランプリを受賞。

1983年、シングル「微熱かナ」でアイドル歌手としてデビュー。

その後、シングルとアルバムを多数リリース。

元々本名の伊藤麻衣子で活動していたが、女優の川上麻衣子と混同されることが多くなったため、1995年に芸名をいとうまい子に変更した。


見えない翼


1985年2月1日に発売された伊藤麻衣子の八枚目のシングルヒット曲

作詞:売野雅勇 作曲:鈴木キサブロー

ドラマ『婦警候補生物語』の主題歌

Wikipedia

その当時、伊藤麻衣子は、薬師丸ひろ子に似ていると言われていたそうですが、どうでしょう似ているでしょうか?

童顔ですよね、今でも若く見られて「奇跡の50歳、永遠の18歳」とも言われている。とのことでした。

この曲は、伊藤麻衣子の最大のヒット曲のようです。『婦警候補生物語』に主演し主題歌を唄っています。『婦警候補生物語』は「スチュワーデス物語」のブームに便乗した企画だったそうです。






にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ

懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ




posted by aritama at 15:28| Comment(0) | 1985年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: