2019年08月13日

あがた森魚(赤色エレジー)

あがた森魚(赤色エレジー).jpg


あがた森魚


北海道留萌市出身のフォークシンガー、シンガーソングライター

1965年、函館ラ・サール高校2年の夏、ラジオで聴いたボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」に衝撃を受け、作詞作曲を始める。

退職した父が家族で横浜に住みたいと言いだし。家族と共に上京し、一年浪人後、明治大学に進学。

1969年12月 URCレコード事務所へ赴き、早川義夫らの前で歌い、早川に薦められ、1970年1月「IFC前夜祭」で初ステージに立つ。

1970年3月、鈴木慶一と出会い、「アンクサアカス」を結成(バンド名・メンバーは変動し、のち、あがた森魚とはちみつぱいへと発展)。斉藤哲夫、野澤享司らとも親交を深める。

1971年8月、中津川フォークジャンボリーにあがた森魚と蜂蜜ぱいとして参加。

春一番コンサートにも同様の組み合わせで参加。

これを観たキングレコードのディレクター・三浦光紀にスカウトされ、三浦が1972年、キングレコード内に設立したベルウッド第一弾アーティストとしてメジャーデビュー。

1972年4月25日、林静一の同名漫画を題材としたシングル「赤色エレジー」で50万枚を売り上げるヒットになり広く知られるようになる。


赤色エレジー


1972年4月25日に発売されたあがた森魚のシングル曲

作詞・編曲:あがた森魚 / 作曲:八洲秀章

林静一の同名劇画に、あがたが感銘を受けたことにより作られた。そのため、林がシングル盤のジャケットイラストを描いている。

作曲者が八洲秀章となっている。理由は、曲が八洲の作曲した「あざみの歌」に似ていることからレコード会社側の判断で八洲の作曲と表記したのであって、実際は作曲もあがたが手掛けている。

なお、蜂蜜ぱいがバック演奏を担当していることから、シングル盤のレーベルでのアーティスト表記は「あがた森魚+蜂蜜ぱい」となっている。

ベルウッドレーベル最初のシングル盤として発売され、60万枚を売り上げ、大ヒットした。

Wikipedia

暗い歌ですが大ヒットしました。あがた森魚と言えば(赤色エレジー)ですね

1972年の映画「女番長ゲリラ」にあがた森魚も出演していて、この曲を唄っています。その動画がありました。その当時のあがた森魚が見れます。貴重です。








にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ちあきなおみ


吉幾三


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ



posted by aritama at 13:49| Comment(0) | 1972年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: