2019年03月06日

かぐや姫(神田川)

かぐや姫(神田川).jpg


神田川


1973年9月20日にシングル発売された南こうせつとかぐや姫が歌ったフォークソング。

作詞:喜多条忠、作曲:南こうせつ

文化放送で放送作家をしていた喜多条忠に、新曲のキャンペーンで訪れていた南こうせつが作詞を依頼した。

喜多条は帰宅後、新聞の折込チラシの裏に自らの学生時代のほろ苦い想い出を綴り、歌詞を作った。

仕上がった作品を電話口で伝えたところ、南は聞いた瞬間にもう旋律が浮かんでいたという。

第一番の歌詞にて、女性の側が銭湯の風呂上がりに、何時も待たされるという描写があるが、これは喜多条が銭湯で飼われていた鯉に餌をやり、観賞していた為である。

当初、この作品は『かぐや姫さあど』(LP、1973年7月20日発売)の収録曲だったが、当時南こうせつがDJを担当していたTBSラジオの深夜放送ラジオ番組『パックインミュージック』で本作を流したところ、聴取者からのリクエストが殺到し、同番組のリクエストランキング1位を獲得した。

これを受けて日本クラウン社内で制作会議を開いてシングル盤として発売するかどうかを決める際、名物プロデューサーであった馬渕玄三が「この曲は歴史に残る名曲になる。

これを出さなかったら日本クラウンは一生の恥をかくことになるぞ」と強力にシングルカットを推したため、「神田川」はフラット・マンドリンの演奏を追加したバージョンをレコーディングした上で改めてシングル盤として発売された。

このシングル盤は、最終的に120万枚または160万枚、200万枚以上を売り上げ、かぐや姫にとって最大のヒット曲となった。

Wikipedia

この曲は、四畳半フォークと言われています。その当時は4畳半1間風呂なしに住んでいる下宿している若者は普通でした。そんな貧しい恋人同士の歌詞が共感を呼び、この曲は大ヒットしました。

曲も素晴らしく、イントロのバイオリンがこの曲この詞にぴったりですね

四畳半フォークという言葉は、荒井由実が考え出したと言われているようです。

名曲中の名曲ですので、やはりカバーしている歌手が多いです。女性歌手のカバーが多いのには驚きました。カバーたくさん掲載しました。





にほんブログ村 音楽ブログ フォークソングへ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






石川ひとみ


中森明菜


松浦亜弥


高田みづえ


小柳ルミ子


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ



【かぐや姫の最新記事】
posted by aritama at 15:04| Comment(0) | かぐや姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: