2018年07月05日

SALLY(バージンブルー)

SALLY(バージンブルー).jpg


SALLY


1981年 - 法政一高在学時に文化祭に出場するためバンド「SALLY(サリィ)」を結成。

初代リーダーはベースの坂巻忠。

1982年 - 高校卒業。法政大学に進学後も、吉祥寺・曼荼羅をはじめ、都内のライヴハウスを中心にバンド活動を継続。

1983年9月 - CBSソニーオーディション東京大会出場(全国大会までは進めず敗退)。

同年11月 - 全国学生対抗ロックコンテストに出場。

正規メンバーの箱崎は当時、法政大学応援団の吹奏楽部に所属しており、本コンテストには出場困難だったため、佐藤公彦が出場した。

その佐藤のみが優秀プレーヤー賞を受賞。

SALLYとしては落選。

のちに司会をしていた山田パンダから直接スカウトの電話があり、メジャーデビューに向けて打診される。

1983年12月 - 吉祥寺・曼荼羅でのライヴに山田パンダと日本フォノグラムのプロデューサー・井岸義典が来訪。

本格的にデビューの話が持ちあがる。

前後して元GARO・大野真澄が山田パンダと来訪。

1984年初頭 - 山田パンダカンパニー設立にあわせ所属契約。

山田パンダのプロデュースを受諾する。

1984年7月1日、フィリップスからシングル『バージンブルー』でデビュー。


バージンブルー


作詞/さがらよしあき、作曲/鈴木キサブロー

杉本哲太が出演したCM、キリンレモン2101とのタイアップ効果もあり、スマッシュヒット。

当初、デビュー曲は「愛しのマリア」になる予定であったが、作曲家の鈴木キサブローが「さらに良いものができた」と持ってきたのがバージンブルーのサビフレーズだった。

そのキャッチーなサビ部分がCM起用に決定したため、急遽その前後のメロディーを制作した。

市松模様の衣装や髪型、バンド構成、曲調等、コンセプトがチェッカーズに似ており、「第二のチェッカーズ」と呼ばれることもしばしばあった。

第26回日本レコード大賞 新人賞受賞曲。

wikipedia

SALLYをデビューさせた山田パンダはかぐや姫のメンバーでした。キリンレモン2101のCM動画ありました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ




posted by aritama at 15:52| Comment(0) | 1984年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: