2018年05月24日

黛ジュン(風の大地の子守り唄)

黛ジュン(風の大地の子守り唄).jpg


黛ジュン


東京都調布市出身の歌手、女優

1960年代後半を中心に、独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットを飛ばした

実兄は作曲家の三木たかし

品川区立冨士見台中学校卒業後、本名で各地の米軍キャンプにジャズ歌手として巡る。

1964年に「渡辺順子」の名でデビューするもヒットせず、1967年に石原プロモーションへ移籍する。

作曲家の黛敏郎のファンだったこととパンチのある意味合いで黛ジュンと改名し、「恋のハレルヤ」で再デビュー。

ミニスカートと共にパンチの効いた歌声で一気に注目を集める。

1968年にリリースされた「天使の誘惑」は更なる大ヒットとなり、その年の第10回日本レコード大賞に輝いた。

1967年から1968年の2年間で、レコード売上が500万枚を記録。

自身のヒット曲が主題歌となった映画にも出演。

「天使の誘惑」「夕月」では主演に抜擢、売れっ子女優にもなった。

wikipedia


風の大地の子守り唄


1980年2月25日発売の黛ジュンのシングル

作詞・阿木燿子 作曲・宇崎竜童

この曲は1980年映画「象物語」の主題歌です。

黛ジュンの大ヒット曲「天使の誘惑」も掲載しました。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします



にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ



posted by aritama at 13:09| Comment(0) | 1980年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: