2017年07月19日

坂本スミ子(夜が明けて)

坂本スミ子(夜が明けて).jpg



坂本スミ子


大阪府大阪市東住吉区出身のラテン・歌謡曲の歌手、俳優

学生時代から発声をクラシックの木下保のもとで学び、プール学院高等部卒業。

NHK大阪合唱団を経て、大阪キューバン・ボーイズの近藤正春の勧めもあり、ラテン歌手として独立、デビュー。

しかし、当初は歌手として全く売れず、鳴かず飛ばずだった。

1959年12月、アイ・ジョージと共に、トリオ・ロス・パンチョスの日本公演の前座歌手となり、「ラテンの女王」として一躍名が知れ渡り、人気歌手への階段を上る。

また、1961年から始まったテレビ番組『夢であいましょう』では主題歌も歌い、NHK紅白歌合戦には1961年から1965年まで5回連続出場した。


夜が明けて


1971年10月21日に発売された坂本スミ子のシングル

作詞:なかにし礼/作曲:筒美京平

なかにしは「ぬけがら」「たばこのけむり」「かみの毛」「すいがら」「くちびる」「おんな」「ひとり」など、本来漢字で書ける単語を意識的にひらがなで書き、別れの哀しさを歌った歌詞に仕上げる。

筒美は全体をアンデスのフォルクローレをフィーチャーした歌謡曲に仕上げ、アレンジの面では、チャランゴやケーナといった民族楽器のサウンドを、12弦及びガット弦の生ギターとリコーダーでシミュレートし、作品を完成させる。

本作はチャート最高位14位、25週にわたりチャートインするロングセールスを記録し、坂本にとって久々のシングルヒットとなった。

wikipedia

坂本スミ子て誰だ?と思った人も多いと思います。私もそう思いました。でも顔を見て思い出しました。動画を観て、ショートヘアの坂本スミ子懐かしいと思いました。

この曲も覚えています。サイモン&ガーファンクルの曲のような感じがしました。良い曲です。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


前野曜子

posted by aritama at 12:10| Comment(0) | 1971年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: