2017年06月20日

朱里エイコ(サムライ・ニッポン)

朱里エイコ(サムライ・ニッポン).jpg



サムライ・ニッポン


1978年10月25日発売の朱里エイコのシングルヒット曲

作詞マルコ・ブルーノ、補作詞エイコ&バーバラ、作編曲ピーター・ストーン


1977年6月、朱里エイコは来日していたポール・アンカに直接アタックする。

ポールはLPに収録されていたマイ・ウェイを聴いて大絶賛し、4曲歌をプレゼントした。

ちなみにその中の1曲が、シングル発売された「ジョーのダイヤモンド」である。

1978年に行われた第7回東京音楽祭、国内大会にはこの歌で出場しゴールデン・スター賞、作曲賞を受賞した。

同年9月には再び渡米し、バーブラ・ストライサンド、フランク・シナトラ、ダイアナ・ロスら大物歌手を手掛け、ヒット曲を持つUSAトッププロデューサー、Don Costaのプロデュースによるアルバムの打ち合わせを行い、10月よりレコーディングが行われた。

このアルバム制作のために、ポールはオリジナル曲15曲をプレゼントした。

12月に「NICE TO BE SINGING」のタイトルでリリースされた。

またこのアルバムに先駆けて10月にはトヨタ新チェイサーのCMソング「サムライ・ニッポン」を発売。

ちなみにこのアルバムには「SAMURAI NIPPON」が収録されている。

11月にはレコーディングを完了し、この新曲のプロモートのためにハリウッドで行ったオーディションで選び抜いた4名のダンサーと共に帰国。

テレビ、ステージで活躍した。

インパクトのある題名、CMと何かと話題を集めた作品になった。

wikipedia

70年代に朱里エイコはアメリカで成功したようですね、それだけの歌唱力と魅力があったのでしょう。

ポール・アンカなどが曲を提供して、アルバムを発売したのですから、すごいことです!

この曲は英語バージョンもあります。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ



posted by aritama at 12:40| Comment(0) | 1978年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: