2017年05月13日

川崎麻世(レッツゴーダンシング)

川崎麻世(レッツゴーダンシング).jpg


川崎麻世


京都市北区上賀茂生まれ、大阪府枚方市育ちのタレント・俳優・歌手

1歳の時、両親が離婚。一人っ子。母に連れられ、祖父母と共に枚方で生活。

12歳だった1975年、『プリン&キャッシーのテレビ!テレビ』内の素人参加コーナー『パクパクコンテスト』で、西城秀樹の振り真似でグランドチャンピオンになる。

その姿を目にしたジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川によって、1976年の夏休みにスカウトされて枚方から上京。

その夏休み中に、早くも不二家の「ハートチョコレート」のCMの撮影を行う。

14歳の1977年7月1日に、「ラブ・ショック」でレコードデビュー。

ブロマイドがヒットし人気アイドルとなる。

美少年で鼻が高く、特に脚が長い事で有名だった(現在の身長は181cmであるが、身長177cmの時点で股下が93cmあり、当時の芸能界では一番脚が長いと言われた)

またファンによる親衛隊も数多く作られた。


レッツゴーダンシング


1979年7月21日発売の川崎麻世8枚目のシングルヒット曲

wikipedia

世界中で大ヒットしたレイフ・ギャレットの(ダンスに夢中)を、川崎麻世が(レッツゴーダンシング)のタイトルでカバーしました。

日本でも(ダンスに夢中)は大ヒットし、その影響もあり(レッツゴーダンシング)もヒットしたようです。




レイフ・ギャレットの(ダンスに夢中)はこちら


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 14:24| Comment(0) | 1979年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: