2017年03月27日

欧陽菲菲(ラヴ・イズ・オーヴァー)

ラヴ・イズ・オーヴァー


LOVE IS OVERは、台湾出身の歌手、欧陽菲菲のシングルである。

日本における欧陽菲菲の代表曲の一つ

作詞・作曲:伊藤薫

元は1979年7月1日発売の「うわさのディスコ・クィーン」のB面曲だった。

しかし「うわさのディスコ・クィーン」は中国語バージョンが台湾や香港でヒットしたものの、当時日本国内では2〜3万枚の売上に終わった。

日本で「うわさのディスコ・クィーン」が不発に終わった後も、欧陽菲菲は「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌い続け、口コミで評判が広まっていった。

「ラヴ・イズ・オーヴァー」は、1980年7月にA面曲として発売。

1982年9月1日にアレンジを変更した音源がA面曲として発売され、さらに1983年5月にはジャケットを変更して発売した。

1983年7月にオリコンチャート入りを果たし、12月には2週連続で1位を獲得。

52.2万枚のセールスを記録し、翌1984年度のオリコン年間ランキングは18位を獲得した。

1983年には、多くの歌手にカバーされ競作となった。

特に、やしきたかじんによるカバー盤は関西での売上が顕著であった。

大人の恋の終わりを表現しており、歌詞もややきわどい内容があるが欧陽菲菲は「当時はあまり日本語も下手で歌詞の内容を理解していなかったが、後に詳細を知って恥ずかしかった」と語っている。

wikipedia

この曲は大ヒットしましたね、飲み屋さんやカラオケで歌う女性が多かったです。本当に多くの歌手がカバーしています。名曲です。

やしきたかじんのカバーありました。やしきたかじんの(ラヴ・イズ・オーヴァー)もいいですね!



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ラブ・イズ・オーヴァー[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング



やしきたかじん

posted by aritama at 11:55| Comment(0) | 1983年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: