2017年02月10日

グラシェラ・スサーナ(サバの女王)

グラシェラ・スサーナ(サバの女王).jpg


グラシェラ・スサーナ


GRACIELA SUSANAはアルゼンチン出身の歌手、ギタリスト。

菅原洋一により見出され、1971年11月に初来日し、1970年代にヒットした。

「クリスティーナとウーゴ」のクリスティーナ・アンプロシオの2才下の妹

群馬県高崎市の事務所に所属し、現在も歌い続けている。

かなりの日本びいきで長男や長女にも大の日本好きと思われるような名前をつけた

幼い時からギターに関心を持ち、アンヘル・パラシオ、アルノルド・ピントに師事した。また、歌をミセス・アルバ・デ・ベリオンに師事した。

1970年、アルゼンチンで行われた「第6回タンゴフェスティバル」に優勝。


サバの女王


1972年7月1日発売のグラシェラ・スサーナのシングル大ヒット曲

1973年アルバム「ADORO/REINE DE SABA~アドロ・サバの女王」に収録されている
このアルバムは、カバーアルバムでオリコンLPチャート100位以内チャートイン回数が220週を超えるロングセラーとなる。

wikipedia

この曲は、1967年のシャンソンの曲で、多くの歌手や楽団がカバーしている名曲です。

サバではなくシバになっている曲名も多くあり、どうも英語読み、フランス語読みの違いによるもののようです。

日本で大ヒットした曲です。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






レーモン・ルフェーブル(シバの女王)


にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 13:52| Comment(0) | 1972年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: