2016年11月08日

山口百恵(青い果実)

青い果実


1973年9月にリリースされた山口百恵の2枚目のシングル

作詞: 千家和也、作曲: 都倉俊一

百恵にとってオリコンで初めてのベストテン入り作品となった。

「あなたが望むなら私何をされてもいいわ」という歌い出しのきわどい歌詞から、当時の歌謡界に波紋を広げた。

しかしこの歌がヒットし、山口百恵の「青い性路線」が始まった。

これは「ひと夏の経験」でピークに達し、その後も千家の作品である「愛に走って/赤い運命」まで続いた。

年端のいかない少女が性行為を連想させるような際どい内容を歌うという、この「青い性」路線で百恵は絶大な人気を獲得することになる。

歌詞の内容は際どかったが、百恵は年齢が低くビジュアル面では純朴な少女というイメージだった。

歌とビジュアルのギャップ、それに伴うある種の背徳感が、百恵の人気を独特なものにしていったと言われる。

これは百恵の芸能人としての資質によるだけではなく、所属事務所やレコード会社による周到なイメージ戦略の賜物でもあった。

wikipedia

あなたが望むなら
私何をされてもいいわ
いけない娘だと
噂されてもいい

すごい歌詞ですね!動画を見ていただければわかりますが、山口百恵はまだ子供の14歳です。14歳の中学生にこんな詞を歌わせたんですよ!よく大問題にならなかったなと思いますね

純が過激を歌う、そのギャップが山口百恵を大スターにしたわけです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします


青い果実[EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


【山口百恵の最新記事】
posted by aritama at 13:58| Comment(0) | 山口百恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: