2016年09月08日

麻丘めぐみ(芽ばえ)

芽ばえ


1972年6月5日発売された麻丘めぐみのデビュー・シングル。

作詞:千家和也/作曲:筒美京平

麻丘は、デビューすると同時に、キュートな「御姫様顔」がファンに人気を博した。

リリースされてから着実にオリコンのヒットチャートを上昇し、3ヶ月後には第3位にランクされた。

年間シングルチャート第17位にランクされ、1973年にリリースされた「わたしの彼は左きき」に次ぐ40万枚を超すヒットを記録した。

第14回日本レコード大賞では森昌子、三善英史、郷ひろみ、青い三角定規といった多くの新人賞受賞者の中で、最優秀新人賞を受賞した。

初レコーディングの際、ディレクターから声が可愛くないとダメ出しされる。幼少の頃から低い地声にコンプレックスを持っていたこともあって発言に強いショックを受け、その場で泣き出してしまったことから、当日のレコーディングはボツになる。

自分には歌手は無理だと途方に暮れてしまい、当時住んでいた久我山のアパートまで泣きながら帰ったという。

日を改めてのレコーディングで、作曲者の筒美京平から「君は高音にさしかかる際、泣き声になるからそれを生かしなさい」とアドバイスを受ける。

敢えて高めの音域で歌うことを試みると「可愛い声で歌えるじゃん」とOKをもらう。

wikipedia

私、麻丘めぐみの大ファンでした。LPレコードを買って何回も何回も聴きました。お姫様カットが可愛くて、麻丘めぐみが好きだという男性多かったです。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


芽ばえ[麻丘めぐみ][EP盤]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


【麻丘めぐみの最新記事】
posted by aritama at 13:33| Comment(0) | 麻丘めぐみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: