2016年08月22日

Char(気絶するほど悩ましい)

Char


チャーは、東京都品川区戸越出身のミュージシャン、ギタリスト、シンガーソングライター、音楽プロデューサーである。

7歳でピアノを習いはじめ、兄の影響から8歳でギターを手にする。

ピアノは、本人曰く、18歳まで継続し、音楽大学に行きたかった為、とのこと。

ザ・ベンチャーズや、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミ・ヘンドリックスなどから影響を受ける。

日々、ピアノよりもギターに没頭するのを心配した父親が、Charの部屋に入って「お前は将来何になりたいんだ」と問い詰めたところ、Charは「これ」と、壁に貼ってあるジミ・ヘンドリックスのポスターを指差した。

1976年6月『NAVY BLUE』でソロ・デビュー、9月にアルバム『Char』を発表。

1977年6月にリリースされた『気絶するほど悩ましい』は、外部の作詞(阿久悠)、作曲(梅垣達志)で自身のROCK指向とは異なる『歌謡ROCK』路線となりアイドル系ギタリストとして人気を博す。

1978年には『逆光線』『闘牛士』とヒットを飛ばし、同時期に登場した世良公則&ツイスト、原田真二の3人(グループ)と共に『ロック御三家』と呼ばれる。


気絶するほど悩ましい


1977年Charの2枚目のシングルヒット曲。

シングル売上は30万枚を記録。

同年11月に発売されたアルバム「Char II have a wine」に収録の同曲はアコースティックギターとパーカッションのみで伴奏される別テイク。

wikipedia

Charは、日本ではトップレベルのギタリストですが、自分自身を有名にするために、『歌謡ROCK』のこの曲をヒットさせたそうです。

でも良い曲だよね!アコースティックギターの『気絶するほど悩ましい』も良いです。布袋寅泰と一緒に演奏している動画がありました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




have a wine

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードランキング


posted by aritama at 12:47| Comment(0) | 1977年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: