2016年04月17日

トワ・エ・モワ(誰もいない海)

トワ・エ・モワ


歌謡ポップデュオ

スクールメイツのメンバーだった山室(現・白鳥)英美子と、歌手志望だった芥川澄夫の二人で結成。

ソロで歌っていた二人を事務所が「ソロでは線が細い」と判断し、強制的にデュオに仕立てた。

メンバーは難色を示したが結果的にその後のソロ活動への道筋を開くことになった。

「或る日突然」でデビューしこれが大ヒットとなる。


誰もいない海


作詞:山口洋子、作曲:内藤法美

『木島則夫モーニングショー』に出演していた歌手のジェリー伊藤の「今週の歌」のために書かれた曲。

初レコード化はシャンソン歌手の大木康子が歌った盤である。

1970年11月5日に東芝音楽工業から発売されたトワ・エ・モワが歌った盤が大ヒット(オリコン16位)した。

このため、シャンソンよりフォークのイメージが強い。

トワ・エ・モワと同じ日に越路吹雪もシングルで発売し、競作となった(オリコン92位)。ジェリー伊藤が歌った盤は1971年に発売された。

なお、作詞者の山口洋子は現代詩畑の詩人で、『よこはま・たそがれ』などの流行歌で知られる作詞家の山口洋子とは、同姓同名の別人である。また作曲者の内藤法美は、本楽曲を歌っている越路吹雪の夫である。

wikipedia

若いころ夏の海水浴場はにぎわっていたが、秋になると誰もいなくなり、この歌を思い出しました。

曲だけをお楽しみください




エッセンシャル・ベスト トワ・エ・モワ


【トワ・エ・モワの最新記事】
posted by aritama at 14:32| Comment(0) | トワ・エ・モワ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: