2009年06月14日

安全地帯(ワインレッドの心)

安全地帯


1973年に北海道の旭川市で結成されたロックバンド。 

旭川において長期にわたる合宿を行い実力をつけ、数々のコンテストで入賞。 北海道で実力No.1のアマチュアバンドとなる。

結成当時は別のバンド名だったが、かつて旭川市を走っていた路面電車(旭川電気軌道)の電停にある安全地帯の標識が、Victoryの頭文字Vに似ていたことから、バンド名が「安全地帯」になった。

1981年、井上陽水のバックバンドとして上京。1982年にキティレコード(現・ユニバーサルミュージック)と契約し、『萠黄色のスナップ』でメジャーデビュー。


ワインレッドの心


1983年11月にリリースされた安全地帯の7枚目のシングルである。

オリコンでは初の1位獲得となり、翌年1984年の年間チャート2位に輝いた。

サントリー「赤玉パンチ」CMイメージソングとして使われた。

安全地帯の代表曲とも言え、後に作詞した井上陽水も自身のアルバム『9.5カラット』にてセルフカバーしている。

安全地帯・井上陽水以外の歌手でも1985年に美空ひばりが『ミュージックフェア』(フジテレビ)で歌ったほか、1996年には緒方恵美が自身のシングルで本曲をカヴァーしている。

以上Wikipediaより抜粋


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

ワインレッドの心[EPレコード 7inch]
にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ

【安全地帯の最新記事】
posted by aritama at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安全地帯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174327887

この記事へのトラックバック