2018年03月21日

石川優子(シンデレラ サマー)

石川優子(シンデレラ サマー).jpg


石川優子


大阪府守口市出身のシンガーソングライター

小学校4年生の時に守口市少年少女合唱団に10倍以上の競争率を乗り越え合格。

中学3年でギターをはじめ、高校時代は女性デュオの「スリーピー」、高校3年から短大にかけてはバンドの「ファンタスティック」などに参加して活躍した。

1978年、ヤマハ第16回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会に、CHAGE and ASKA、円広志、大友裕子、クリスタルキングらとともに出場、「夜の雨」を歌った。

1979年、国際チリ音楽祭に「悲しさ夢色」で出場したあと、3月「沈丁花」でプロデビュー。


シンデレラ サマー


1981年3月5日に発売された石川優子の通算7枚目のシングル。

作詞・作曲:石川優子

石川優子自身1979年にデビュー以降、当曲で初めてのオリコンチャート・10位入りを果たす。

ほかTBSテレビ系列「ザ・ベストテン」、日本テレビ系列「ザ・トップテン」にもランクイン時には、ほぼ毎回出演し同曲を歌唱披露していた。

「JAL'81・沖縄キャンペーンソング」に起用された。

wikipedia

石川優子はアイドルなのかと思ってましたが、シンガーソングライターでした。でも八重歯が可愛いアイドルのようです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ



にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ



posted by aritama at 12:55| Comment(0) | 1981年のヒット曲

2018年03月12日

中森明菜(DESIRE)

中森明菜(DESIRE).jpg


DESIRE


1986年2月3日にリリースされた中森明菜14枚目のシングル

シングル・レコードのライナーノーツには「このレコードは可能な限り大音量でお聴き下さい。」という注釈がついていた。

この楽曲は、中森のシングル作品では初となった阿木燿子が作詞提供し、鈴木キサブローが作曲を担当、編曲は椎名和夫が手掛けた。

阿木はこの楽曲以前に、中森のスタジオ・アルバム『NEW AKINA エトランゼ』収録の「ヴィーナス誕生」で作詞を手掛けていた。

当初A面/B面が逆になる予定であったが、中森の強い要望により「DESIRE」をA面にしている。

「DESIRE」は、自身初のCMタイアップシングル曲となり、パイオニア「PRIVATE CD 500AV」のCM曲に起用された。

タイアップ曲としてのオンエアは、シングル・リリース後の1986年2月24日より開始された。

音楽番組で披露したこの楽曲の衣裳は、ボブのウィッグとハイヒールに、批評家から「斬新・奇抜」と評された着物を洋風にアレンジしたもので、これに加えて、中森オリジナルの振り付けによるパフォーマンスも披露された。

本曲の衣裳選びの際に中森は「この曲は着物で歌いたい」と発言。

この型破りな発言に周囲のスタッフは動揺したという。

また、この楽曲の「なんてね」の箇所の振り付けは、野球のピッチングからヒントを得たものであったという。

なお、前年の1985年のコンサート・ツアーBITTER & SWEETで中森は、ボブのウィッグを身に着けてのライブ・パフォーマンスを披露している。

オリコン、ザ・ベストテン、ザ・トップテン全て1位

wikipedia

曲も最高ですが、衣装が良かったですよね、本当に斬新でした。着物だけど洋服でもあるというのが良かったです。振付が野球のピッチングというのは初めて知りました。でもかっこよかったです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ


posted by aritama at 15:50| Comment(0) | 中森明菜