2017年04月07日

中村晃子(恋の綱わたり)

中村晃子


千葉県習志野市出身の女優・歌手・声優

1963年、高校在学中に第2回ミス・エールフランスコンテストの準ミスに入選したことがきっかけで、松竹へ入社して銀幕デビューを果たす。

多数の映画に出演し、1965年〜1966年は田村正和とコンビで売り出すも、互いに芽が出ずパッとしない存在だったが、その後同年『望郷と掟』続く『炎と掟』では安藤昇の相手役に抜擢されラブシーンを演じた。

当時はカーマニアでオペルやプリンス、フォルクスワーゲン・カルマンギアなどを乗り継いだ。

1965年に『青い落葉』にてレコードデビュー。

1967年に『虹色の湖』をリリース。

グループ・サウンズ全盛の時期にあって、女性ソロ・シンガーとして80万枚を売り上げるヒットになった。

続く1968年には『砂の十字架』もヒットを記録した。

1968年、『虹色の湖』で第19回NHK紅白歌合戦に初出場。

ドラマ「可愛い魔女ジニー」の声優も担当した。


恋の綱わたり


1980年6月5日発売の中村晃子36枚目のシングル大ヒット曲

1980年4月10日から同年7月3日まで放送されたドラマ『離婚ともだち』挿入歌で、30万枚を超えるヒットとなり、『ザ・ベストテン』にもランクインした。

ドラマでは、中村晃子はピアノの弾き語りが出来るということで、プロデューサーの要望でクラブのママ役に起用された。

wikipedia

最初の動画は、ドラマの映像と中村晃子が弾き語りで歌っています。続けて「涙の森の物語」という曲も中村晃子が歌っています。

二番目の動画は、「虹色の湖」を歌って次に「恋の綱わたり」を歌っています。なので2つの動画で3曲楽しめます。貴重です。

「虹色の湖」は大ヒットしました。中村晃子最大のヒット曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします




恋の綱わたり [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 12:08| Comment(0) | 1980年のヒット曲