2018年12月05日

来生たかお(Goodbye Day)

来生たかお(Goodbye Day).jpeg


来生たかお


東京都出身のシンガーソングライター・作曲家である。

控えめ・都会的・ノスタルジックな作風で知られるニューミュージックのアーティスト。

マイナー調の曲が多く、淡々としつつ叙情的なメロディーが特長。

ほとんどビブラートを掛けない歌唱は“来生節”とも称される。

歌手活動と同時に、姉・来生えつことのコンビを主軸に作曲家としても活動しており、「セーラー服と機関銃」、「セカンド・ラブ」、「シルエット・ロマンス」、など、日本ポピュラー音楽史上に残るスタンダードナンバーを数多く送り出している。

自身の音楽の基本はノスタルジーであり、熱愛の頃をふと思い出すようなものを作って来たと述べ、また、自分は歌手より作曲家に向いていると語る一方で、自作品の細かなニュアンスを一番知っている自分自身でも歌いたいとも語っている。

デビューアルバムから最新作に至るまで、その作風は一貫しており、自らマンネリズムとも称しているが、それは、時流に流されずマイペースに長らく音楽活動を続ける数少ないアーチストである事の証左とも言える。


Goodbye Day


1981年5月21日に発売された、来生たかおの10枚目のシングル大ヒット曲

作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお

有線・最高1位

ドラマ『愛のホットライン』主題歌

wikipedia

来生たかおは、自身のヒット曲よりも、他の歌手へ提供した大ヒット曲が多いです。良い曲が多いです。この曲はシンガーソングライター来生たかおのヒット曲で、大ヒットしました。

来生えつこの詞も、熱い恋愛でも失恋でもない、ごく普通の日常の愛を描いています。それがとってもいいですね、Goodbye Dayからのメロディーが心に残ります。

カバー動画も掲載しました。





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






郷ひろみ


JUJU


にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ

posted by aritama at 15:28| Comment(0) | 1981年のヒット曲

2018年11月27日

山瀬まみ(メロンのためいき)

山瀬まみ(メロンのためいき).jpg


山瀬まみ


神奈川県平塚市出身のバラエティーアイドル、歌手、タレント、司会者。

ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを受賞して歌手デビューし、アイドルとして活動。

タレントに転身後バラドルとしてバラエティ番組で活躍、『新婚さんいらっしゃい!』などでMCを務める。

幼少期からアイドルを志し、中学生の頃には既に頻繁に路上(原宿など)でスカウトマンから声を掛けられるようになり、それをことごとく断ることで有名な少女だった。

これは山瀬本人が「どうせ芸能界入りするなら、信頼できる大手事務所と契約する方が良い」と考えていたためだったという。

1983年、中学1年生の時にホリプロタレントスカウトキャラバンに応募したが書類選考で落選。

1985年、2度目の応募で『第10回ホリプロタレントスカウトキャラバン』に出場、見事優勝した。


メロンのためいき


1986年3月に発売された山瀬まみのデビュー曲

作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂

デビューアルバム『RIBBON』に収録されているヒット曲

当初のキャッチコピーは「国民のおもちゃ新発売」だった。

wikipedia

山瀬まみは、歌手だったんだと思う人も多いかもしれません。この曲は、呉田軽穂(松任谷由実)の作曲ですので、期待されていたと思うのですが、残念ながら歌手としては成功しなかったようです。

アルバムも来生たかおや南佳孝などが参加していますので、山瀬まみへの期待は大きかったと思えます。

山瀬本人は後年になって「アイドルとしては背が高すぎた」と自ら評しているそうです。身長167cmですので、その当時はやはり大きいですよね

時東ぁみがカバーしていました!





にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします








にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

posted by aritama at 16:17| Comment(0) | 1986年のヒット曲