2018年06月12日

ジューシィ・フルーツ(ジェニーはご機嫌ななめ)

ジューシィ・フルーツ


Juicy Fruitsは、近田春夫のバックバンドだった「BEEF」が前身。

名前は映画『ファントム・オブ・パラダイス』に登場するロックバンドからの引用である。

デビュー曲で代表曲でもある『ジェニーはご機嫌ななめ』は、テクノ風アレンジと奥野敦子のファルセットボイスによるボーカルで注目された。

1984年解散。

2009年、イリア(ボーカル・リードギター)、トシ(ドラムス・コーラス)を中心にライブ活動を再開。

当初、メンバーは流動的だったが、やがてジェフ(ベース・コーラス)、アキシロ(ギター・コーラス)に固定。

ジューシィ・フルーツのメンバーが半分いることから、バンド名はジューシィ・ハーフとトシが提案、採用される。

ジューシィ・フルーツの楽曲をメンバーが自らカバーするというユニークな存在としてファンの注目を集め、コンサートは毎回満員となっている。

2013年、バンド名をジューシィ・フルーツに変更。

事実上の再結成となった。


ジェニーはご機嫌ななめ


1980年6月1日にリリースされた、ジューシィ・フルーツのデビュー・シングルである。

作詞:沖山優司、作曲:近田春夫

デビューシングルながら、全曲をファルセットによるウィスパー・ボイスで歌い切るという、当時ではほかに類を見ない新鮮な手法が話題を呼び、オリコンチャートでは週間最高で5位、37万枚を売り上げた。

TBSの音楽番組『ザ・ベストテン』にも、第141回に初登場、同曲で4回登場した。

表題曲はスタンダードナンバーとなり、多くカヴァーされた。

wikipedia

1980年ごろはテクノブームでした。ファルセットボイスも斬新なアイデアで大ヒットに繋がりました。多くの歌手がカヴァーしていますが、どうもPerfumeが一番有名のようですので動画掲載しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング


posted by aritama at 16:05| Comment(0) | 1980年のヒット曲

2018年06月02日

少女隊(FOREVER〜ギンガムチェックstory〜)

少女隊


1983年にオーディションでミホ、レイコ、チーコの3人が選ばれ、結成された。

翌年の1984年8月28日にシングル『FOREVER〜ギンガムチェックstory〜』、アルバム『少女隊Phoon』、12インチシングル『ESCAPE』、ビデオ『少女隊Phoon』を同時にリリースしてデビューする。

キャッチコピーは「胸騒ぎ、ザワ、ザワ、ザワ」。

デビュー1周年の1985年8月、メンバーの一人であるチーコが椎間板ヘルニアにより脱退し、新メンバー・トモが加入した。

デビューアルバム『少女隊Phoon』は山口百恵、ピンク・レディを手がけた都倉俊一がプロデュースを担当、アメリカの一流ミュージシャンが参加してロサンゼルスのスタジオでレコーディングしたもので、オール・アメリカロケのビデオ、写真集を同時に発売するなど、既存のアイドルとは一線を画した企画だった。

しかし、テレビに露出しないという戦略が時期尚早だったのか、ブレイクまでには至らなかった。

1985年から秋元康と手を組んでプロモーションの方向を大幅に変更。

3枚目のシングル『素直になってダーリン』で『ザ・トップテン』に初ランクイン、TBSのドラマ『夏・体験物語』の挿入曲「Bye-Byeガール」で『ザ・ベストテン』にランクインするなど徐々に人気が上昇。


FOREVER〜ギンガムチェックstory〜


1984年8月28日リリースの女性アイドルグループ少女隊のデビューシングル。

作詞:亜伊林 作曲:都倉俊一

デビューアルバム「少女隊PHOON」、12インチシングル「ESCAPE」等と同時発売された。

12インチシングル「ESCAPE」には「FOREVER〜ギンガムチェックstory〜」のリミックスヴァージョン「FOREVER」が収録されている。

wikipedia

新メンバーのトモは、引田智子で初代引田天功の娘だそうです。

オール・アメリカロケのビデオとのことで、二番目の動画がそのビデオのようです。

少女隊に多額投資した影響もあり所属事務所は倒産したそうです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
懐かしいと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
レコードブログランキング
posted by aritama at 13:46| Comment(0) | 1984年のヒット曲