2019年10月04日

クールス(恋のテディー・ボーイ)




クールス


COOLSは、1975年に結成されたロックバンド

東京原宿において1974年12月、舘ひろしをリーダーに、岩城滉一をサブリーダーに、および岩城の学生時代からの友人であった佐藤秀光らで結成されたモーターサイクルチームが原点。

結成に際して「このチームはリーダー(舘ひろし)の独裁により運営される」という血判状を作成したという。

当時舘ひろしはカワサキのZIIに乗っていた。

チーム結成当時の人数は21人で、メンバー全員リーゼント・黒の革ジャンパー・黒または青のジーンズ・黒のオートバイで統一された。

「黒」というカラーにこだわったのは、舘ひろしが学生時代にラグビー部の主将をしていて、ラグビーNZ代表「オールブラックス」が好きだったからといわれている。

表参道から交差点近くにあった原宿レオンという多くのクリエイターが出入りするカフェが溜り場で、店の前に黒いオートバイを数台並べている様は大変注目を集めたという。

当初、舘ひろしはバンド結成については否定的であったが、熱心なキングレコードの若手社員に説得され、「チームのメンバーを食べさせていくため。」として、バンド結成を決意する。

1975年9月、チームの中から選抜された7名とバンド結成から参加の大久保喜市の計8名で、アメリカンロックンロールバンド「クールス(COOLS)」としてシングル「紫のハイウェイ」でデビュー。


恋のテディー・ボーイ


1976年7月に発売されたクールスの三枚目のシングルヒット曲

Wikipedia

この曲の作詞・作曲は、洋楽の方に掲載した大木トオルです。

大木トオルは、ブルースでアメリカで有名になる以前に、日本でクールスをプロデュースしたそうです。ブルースの大木トオルがロックンロールを提供しました。

この曲は、1976年映画「暴力教室」の主題歌です。クールスも出演していて、舘ひろしの映画デビュー作品で、クールスは不良生徒役で先生役が松田優作です。






にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ




posted by aritama at 14:11| Comment(0) | 1976年のヒット曲

2019年09月27日

織田哲郎(愛を探して)

織田哲郎(愛を探して).jpg


織田哲郎


東京都出身の作曲家、音楽プロデューサー、シンガーソングライター

13歳の時に父親の仕事の都合で渡英、中学時代をイギリス・ロンドンで過ごし15歳で帰国。

帰国後は両親の出身地である高知県高知市で過ごし、この頃にギターと出会う。

幼少時はブリティッシュ・ロックやアメリカンフォークを好んで聴いていた。

1978年 - 「スピニッヂ・パワー」の1stシングル「POPEYE THE SAILORMAN」にコーラスとして参加。

1979年 - 「スピニッヂ・パワー」の2代目ボーカリストに就任し、楽曲のほとんどの作曲をてがける。

また、ディスコミュージック路線のバンド「MSマシーン」を結成し、シングルを3枚リリースした。

1980年 - バンド「織田哲郎 & 9th IMAGE」結成。

アルバム『DAY and NIGHT』をリリースしたが、1981年にバンドは解散。

その後ソロ活動、事務所設立を行う。

1983年 - アルバム『VOICES』でソロ・デビュー。


愛を探して


1987年8月26日に発売された織田哲郎のアルバム『Ships』(シップス)に収録されているシングルヒット曲

作詞:作曲 織田哲郎

Wikipedia

織田哲郎はシンガーでは、それほど有名ではありませんが、作曲者、プロデューサーとしては、多くの曲を提供してヒット曲もたくさんあります。

特に、織田哲郎を有名にした曲は、TUBEの(シーズン・イン・ザ・サン)ですね





にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 音楽ブログ 歌謡曲へ




posted by aritama at 14:46| Comment(0) | 1987年のヒット曲